米グラミー賞:WOWOWで独占生中継 案内役は今回もジョン・カビラ&ホラン千秋

「生中継!第63回グラミー賞授賞式」で案内役を務めるジョン・カビラさん(左)とホラン千秋さん=WOWOW提供
1 / 2
「生中継!第63回グラミー賞授賞式」で案内役を務めるジョン・カビラさん(左)とホラン千秋さん=WOWOW提供

 2021年1月31日(現地時間)に開催される米国最大の音楽賞「第63回グラミー賞授賞式」が、WOWOWで独占生中継されることが11月20日、分かった。前回に引き続き、ジョン・カビラさんとホラン千秋さんが生中継番組の案内役を務めることも発表された。

ウナギノボリ

 番組は「生中継!第63回グラミー賞授賞式」と題して、日本のスタジオから授賞式の模様を伝える。WOWOWプライムで2カ国語版(同時通訳)で放送。今回のノミネーションは11月24日(現地時間)に発表される予定。

 また特集番組として「グラミー賞直前! WOWOW洋楽セレクション」が1月に放送される。

 ◇ジョン・カビラさんのコメント

 コロナ禍に揺れる世界。コンサートの中止、リリースの延期。アメリカの音楽界も大変な影響を受けました。しかし、「ステイホーム」で音楽の必要性と力を改めて感じた皆さんは多いと思います。世界最大の音楽の祭典もその音楽の力を信じ、発信し、創造性をさらに称えるイベントになります。サブスクなどで作品性が問われ、主張も問われる今だからこそ、クリエーターたちが何をステージで発信し、語るのか、いつにもまして「グラミー賞」に注目です!

 ◇ホラン千秋さんのコメント

 今まで何度もグラミー賞の舞台を見てきましたが、今回ばかりはどんな祭典になるのか予想もつきません! ただ一つ確かなことは、音楽はいつ、どんな状況であっても、心のワクチンとなって皆さんに今を生きるパワーをくれること。グラミー賞はまさにそんな存在だと思います。当日まで何が起こるか誰にも分からない、今まで見たこともない第63回グラミー賞を皆さんと共に体感できることを楽しみにしています!

写真を見る全 2 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画