黒木ひかり:“神的美少女”「逃亡者」配信オリジナルストーリー出演 初の刑事ドラマに「ずっとソワソワ」

芸能 テレビ
「ドラマスペシャル『逃亡者』」の配信オリジナルストーリー「特別広域追跡班 ~ヒトリヨガリの科学捜査官~」に出演する黒木ひかりさん(C)2020 TV Asahi & Warner Bros.International Television Production Limited.All Rights Reserved.

 “神的美少女”などと話題になった女優の黒木ひかりさんが、テレビ朝日系で12月5、6日の2夜連続で放送される「ドラマスペシャル『逃亡者』」の配信オリジナルストーリー「特別広域追跡班 ~ヒトリヨガリの科学捜査官~」に出演することが11月20日、分かった。黒木さんは、俳優の駒木根葵汰(こまぎね・きいた)さんと共に新人捜査官役で登場。ストーリーのコミカルパートを担う。

 黒木さんは刑事ドラマに出演するのは初めてだといい、「撮影初日の前日は全く寝つけないくらい緊張していて、心臓の鼓動がいつも以上に激しかったです(笑い)」といい、「もう台本を手から離すのが怖くて撮影前はずっとソワソワしていましたね(笑い)。ですが以前にも共演したことのあるきいたくんと一緒だったので心強かったです!」と語っている。

 黒木さんは演じる新人捜査官の永峰茉由役について、「明るく元気、真面目でハキハキとしたキャラで演じさせていただきました! 普段から私は、元気すぎて声が大きいので、ハキハキ話すことには慣れていたのですが、『特別広域追跡班』というせりふの時になったら緊張していたからか、かんでしまい、焦ってしまったんです。そこで、ヤバいヤバいって少しテンパっていたら共演者の先輩の方々がとても優しく『いけるよ! 頑張れ!』と言ってくださって、緊張がほぐれ、しっかり演じ切ることができました。本当に感謝しかありません。緊張してもスラスラ言えるようにこれからはもっと修業して成長していきたいです」と話している。

 「ドラマスペシャル『逃亡者』」は、1960年代にテレビシリーズが放送され、ハリソン・フォードさん主演で1993年に公開された映画もヒットしたサスペンスアクションを、現代の日本を舞台に、俳優の渡辺謙さんと豊川悦司さん主演でリメーク。妻殺しの容疑をかけられ、無実を証明するために逃走するエリート医師の加倉井一樹(渡辺さん)と、加倉井を追う刑事・保坂正巳(豊川さん)の姿を描く。

 「特別広域追跡班 ~ヒトリヨガリの科学捜査官~」は、加倉井を追う刑事たちにスポットを当てた前後編の物語で、テレビドラマ本編にも登場する警視庁特別広域捜査班のメンバー、鴨井航(三浦翔平さん)の視点で描かれるオリジナルストーリー。保坂や柏木弥生(原沙知絵さん)、近藤俊也(藤本隆宏さん)、高田栄太(岩男海史さん)ら追跡班の刑事たちが総登場。特別ゲストとして平泉成さん、津田寛治さんも出演する。12月6日のテレビドラマ本編の放送終了後にABEMAとTELASA(テラサ)で配信される。

 主演の三浦さんは「監督、プロデューサーと話し合った小ネタも満載ですので、本編のシリアスな雰囲気ももちろんですが、こちらのバラエティー感のあるストーリーも合わせて楽しんでいただければと思います」とコメントしている。

芸能 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る