恋する男たち:第4話 「息子たち編=落ちこぼれ三銃士の夏」 奥平大兼、宮世琉弥、藤原大祐が主人公

テレビ
ドラマ「恋する母たち」のオリジナルストーリー「恋する男たち」の第4話のワンシーン(C)柴門ふみ/小学館 (C)TBS/TBSスパークル

 女優の木村佳乃さんの主演ドラマ「恋する母たち」(TBS系、金曜午後10時)のオリジナルストーリー「恋する男たち」(Paravi)の第4話「息子たち編=落ちこぼれ三銃士の夏」の配信が、11月20日スタートした。

 林優子(吉田羊さん)の息子・大介(奥平大兼さん)、蒲原まり(仲里依紗さん)の息子・繁秋(宮世琉弥さん)、石渡杏(木村佳乃さん)の息子・研(藤原大祐さん)は、中高一貫の名門校・麻蔵学園高校の落ちこぼれ3人組。

 中等部時代から友人同士だった大介と繁秋に、高等部から麻蔵学園に入学した研が加わり、親しくなった3人は、楽しい夏を過ごす。その間、ひそかに研にひかれていた大介だったが、父・シゲオ(矢作兼さん)が与論島で立ち上げるフリースクールに移ることを決心する。大介の研への気持ちを知る繁秋は、与論島にたつ前に研と話をしておくよう大介に勧め……というストーリー。

 「恋する母たち」は、女性週刊誌「女性セブン」(小学館)で2017年から今年7月まで連載された柴門ふみさんの同名マンガが原作で、迷える母たちの恋愛と友情を描いたラブストーリー。脚本は大石静さん。吉田羊さん、仲さんらも出演する。

 本編が女性目線で展開するのに対し、オリジナルストーリーは8人の男性が主人公で、「恋する母たち」の裏側を男性目線で描く。男はなぜ失踪したのか、男はなぜ結婚している女性を好きになってしまったのか、男はなぜ妻以外の女性と関係を持ってしまったのか……など、本編では描かれない恋愛を描く。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る