梶裕貴:「極主夫道」SPミニドラマ「銀のさんぽ」で“極道猫”役 下野紘&玉城ティナも出演

アニメ テレビ
連続ドラマ「極主夫道」のスペシャルミニドラマ「銀のさんぽ」で声優を務める(左から)下野紘さん、梶裕貴さん、玉城ティナさん=読売テレビ提供

 声優の梶裕貴さんが、俳優の玉木宏さんが主演を務める連続ドラマ「極主夫道」(読売テレビ・日本テレビ系、日曜午後10時半)のスペシャルミニドラマ「銀のさんぽ」に出演することが11月22日、分かった。龍(玉木さん)の飼い猫である銀の日常を描く物語で、梶さんは龍の影響を受けて関西弁や極道言葉を使う主人公の猫・銀を演じる。

 「極主夫道」は新潮社のマンガサイト「くらげバンチ」で連載中のおおのこうすけさんの同名マンガが原作。“最凶”の極道「不死身の龍」と言われ、極道から足を洗った後に結婚して専業主夫となった龍が、家族やさまざまな事件が起こる町の平和を守る姿を描くヒューマンコメディー。

 スペシャルミニドラマでは、原作コミックスの巻末のおまけとして描かれている「銀のさんぽ」を実写化。3部作で構成され、日本テレビの公式YouTubeチャンネルで配信される。

 第1話では銀の1日のルーティン、第2話では龍の家の庭に迷い込む犬・菊五郎と銀のやり取り、第3話では銀とメス猫・ローズの恋模様が描かれる。菊五郎役を声優の下野紘さんが、ローズ役を本編にも出演している女優の玉城ティナさんがそれぞれ務める。

 第1話は11月22日午後8時に配信スタート。第2話は23日、第3話は29日の午後8時から配信される予定。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る