35歳の少女:“愛美”橋本愛の“荒ぶり”に視聴者注目「一周回って気持ちいい」 「毎回見どころ」の声も

テレビ
連続ドラマ「35歳の少女」第7話のワンシーン=日本テレビ提供

 女優の柴咲コウさん主演の連続ドラマ「35歳の少女」(日本テレビ系、土曜午後10時)第7話が11月21日に放送された。劇中には、これまでに橋本愛さん演じる愛美がキレるシーンや、酔っ払った勢いで暴言を吐くシーンなどが度々登場。その荒ぶる姿に、視聴者から「マナちゃん今週もぶっ飛んでて最高」「今日も安定の崩壊」「毎週期待を裏切らない」「まなちゃんの酔っ払いタイム好き」「一周回って気持ちいい」と注目が集まっている。

 ドラマは、遊川和彦さんの脚本で、「○○妻」のほか「家政婦のミタ」「同期のサクラ」の制作チームによるオリジナル最新作。10歳だった1995年に不慮の事故で長い眠りにつき、2020年に25年ぶりに目覚めた“35歳の少女”今村望美(両親離婚後は時岡姓)の成長を描く。

 第7話で、愛美は夢であるグラフィックデザイナーを目指し、就活を続けるもうまくいかない。会社を訪問した帰り、前の職場の同僚で元カレの相沢(細田義彦さん)と現在の彼女・藤子(大友花恋さん)と遭遇。「式の日取りが決まった」と結婚式の招待状を渡された愛美は、2人が立ち去った後、招待状をぐしゃぐしゃにする。

 そんな中、愛美はマッチングパーティーに出席。しかし、出されるお酒を次々と飲み干し、酔っ払った勢いで悪態をつき始める。愛美は会場にいる男女に「こんなところで本当の愛なんて見つからないから!」と吐き捨てながら、スタッフに強制退場させられる……というストーリーだった。

 SNSでは、愛美の“荒ぶり”に対し「今日もキレキレ」「もはや面白い」といった声が上がっているほか、「まなちゃんが荒ぶるシーンまだかな」「自分の中で毎回見どころになっている」「毎回楽しみにしている自分がいる」と期待する視聴者もみられた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る