家族の名において:中国の人気“胸キュン”ドラマ 2月からWOWOWで日本初放送

連続ドラマ「家族の名において」のビジュアル(C)2020 China Huace Film & TV Co., Ltd.
1 / 1
連続ドラマ「家族の名において」のビジュアル(C)2020 China Huace Film & TV Co., Ltd.

 中国で人気を博した連続ドラマ「家族の名において」が、2021年2月からWOWOWで日本初放送されることが12月4日、分かった。

 本作は、家族愛の物語にラブコメディーの要素が加わり、笑って泣けるストーリーが展開される“ハートウォーミング胸キュンドラマ”。8月から湖南衛星テレビで放送され、全国テレビ同時間帯リアルタイム視聴率1位を連続記録。中国のネットテレビ「マンゴーTV」で47億回以上再生され、SNSの「weibo」では31日連続でトレンド入りするなど、大人気となった作品だ。

 「花様衛士~ロイヤル・ミッション~」でヒロインを務めたタン・ソンユンさん、「働く女子流ワタシ探し」のソン・ウェイロンさん、 中国版「のだめカンタービレ」で主演を務めたチャン・シンチョンさんらが出演。

 とあるきっかけで離ればなれになってしまった、血の繋がっていない3人兄妹が、9年後に再会。兄妹として失われた時間を取り戻そうとするが、 兄たちに思いを寄せられた長女は、 次第に自分の恋心に気付くようになる……。

 「家族の名において」は、WOWOWプライムで2021年2月にスタート。第1~4話は無料放送。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る