逃げ恥:「新垣結衣&星野源の人柄出ていた」金子文紀監督語る魅力 「涙出そうになった」4年ぶり撮影の裏話も

2021年1月2日放送される新春スペシャルドラマ「逃げるは恥だが役に立つ ガンバレ人類!新春スペシャル!!」のワンシーン(C)TBS
1 / 3
2021年1月2日放送される新春スペシャルドラマ「逃げるは恥だが役に立つ ガンバレ人類!新春スペシャル!!」のワンシーン(C)TBS

 女優の新垣結衣さんと歌手で俳優の星野源さんの共演で、2016年10月期に放送された人気連続ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ(逃げ恥)」(TBS系)の続編を描く新春スペシャルドラマ「逃げるは恥だが役に立つ ガンバレ人類!新春スペシャル!!」が2021年1月2日放送される。連続ドラマに続き、今回もメガホンをとった金子文紀監督は、社会現象となった「逃げ恥」の魅力を、新垣さんと星野さん自身の人柄にあると分析する。そんな金子監督に、新垣さん、星野さんの魅力や、4年ぶりの本作について語ってもらった。

 ◇魅力は新垣結衣と星野源の人柄の良さ&日本に合った“性質”

 「逃げるは恥だが役に立つ」は、月刊マンガ誌「Kiss(キス)」(講談社)で連載された海野つなみさんの同名マンガが原作。「職ナシ」「彼氏ナシ」「居場所ナシ」の主人公・森山みくり(新垣さん)が、恋愛経験のない独身サラリーマンの津崎平匡(星野さん)と契約結婚。「夫=雇用主」、「妻=従業員」の雇用関係で恋愛感情を持たないはずが、同じ屋根の下で暮らす内、“妄想女子”と“ウブ男”がお互いを意識しだす……というラブコメディーだ。

 星野さんが歌う主題歌「恋」に合わせて、新垣さんらメインキャストがキュートに踊る「恋ダンス」や人気番組の“パロディー”を盛り込んだ演出、平匡とみくりの可愛くてじれったい“ムズキュン”なやりとりが、SNSなどで話題を呼んだ。連続ドラマ放送時は回を重ねるごとに視聴率が右肩上がりで、最終回では平均視聴率20.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した。

 金子監督は、みくりと平匡を演じる新垣さんと星野さんについて「お2人が持つ謙虚さ、誠実さ、好意的に相手に向かう姿勢といった人柄の良さが素晴らしくて、みくりと平匡にすごく出ていると思います」と魅力を語る。また、「本人たちのその資質が、真面目で人当たりが良い頑張り屋のみくりと、超真面目で曲がったことが嫌いな平匡として強く出ていたことで、皆さんに共感してもらえたと思う」と語る。さらに「日本には、真面目で誠実な人が多い。誠実で真面目な日本人をきちんと描くことで、たくさんの方に支持をしていただいたいのではないかと思います」と魅力を分析する。

 ◇4年ぶりの撮影に手応えも

 今回のスペシャルドラマでは、契約結婚から生まれた恋を経て、みくりと平匡がついに本当の“結婚”を決めた連続ドラマのその後が描かれ、みくりの妊娠、家庭生活などに向き合う。連続ドラマと同じく野木亜紀子さんが脚本を担当する。

 スペシャルドラマは10月初旬にクランクイン。4年越しの撮影スタートはどのような雰囲気だったのか。新垣さんの最初の撮影は、みくりの妊娠を告げられるシーンだったという。金子監督は、「4年ぶりということもあって新垣さんの緊張がこっちにも伝わってきて、その緊張が星野さんにも伝わって、みんな緊張していました」と明かす。

 しかし、「医師から『妊娠してます』と言われたときの顔が、みくりと平匡だったんです。(4年ぶりの世界観に)『戻った!』と思い、うれしくなりました」と語り、涙が出そうになりながら、2人に「これで良いんだよ!」と伝えたという。

 さらに、金子監督は「連続ドラマでは、みくりと平匡が自分たちのことだけという自己責任で済みましたが、今回はみくりの妊娠を機に入籍し、夫婦となり面倒臭い諸事情がたくさん出てきます。どこの夫婦にも起こりうるさまざまな人生の転機や、どうにもならない困難に立ち向かい、それを2人らしく乗り越えていきます」と説明。「4年ぶりに『逃げ恥』が帰ってきます。お正月ですし、気楽に見ていただければと思います」と語っていた。

 みくりの妊娠で環境に変化が起きた2人はどのような生活を模索していくのか……。「逃げるは恥だが役に立つ ガンバレ人類!新春スペシャル!!」は2021年1月2日午後9時から放送される。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る