チェンソーマン:「ジャンプ」人気マンガが最終回 第2部がジャンプ+に MAPPA制作でテレビアニメ化も

「週刊少年ジャンプ」2021年2号で最終回を迎えた「チェンソーマン」(画像はコミックス第1巻)
1 / 1
「週刊少年ジャンプ」2021年2号で最終回を迎えた「チェンソーマン」(画像はコミックス第1巻)

 藤本タツキさんのマンガ「チェンソーマン」が、12月14日発売の連載誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)2021年2号で最終回を迎えた。最終回となったのは第1部「公安編」で、第2部が集英社のマンガアプリ「少年ジャンプ+(プラス)」に掲載される。同作がテレビアニメ化されることも発表された。「呪術廻戦」「ユーリ!!! on ICE」などのMAPPAがアニメを制作する。

 「チェンソーマン」は、悪魔を身に宿した少年デンジが、デビルハンターとして活躍する姿を描くダークヒーローアクション。2018年12月に「週刊少年ジャンプ」で連載がスタートした。同誌が発売される毎週月曜には、「#チェンソーマン」がツイッターのトレンドをにぎわすなど人気を集めている。宝島社がその年の人気マンガをランキング形式で発表するガイドブック「このマンガがすごい!2021」のオトコ編で1位に選ばれたことも話題になった。

 コミックスの電子版を含む累計発行部数は500万部以上。コミックス第10巻が2021年1月4日、最終11巻が同3月4日に発売される。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

PHOTO

このページのトップへ戻る