恋する母たち:“赤坂”磯村勇斗&“優子”吉田羊に「最高の結末」の声 インターホン越しのタキシード姿に視聴者興奮

テレビ
ドラマ「恋する母たち」の最終回のワンシーン(C)TBS

 女優の木村佳乃さん主演のドラマ「恋する母たち」(TBS系、金曜午後10時)の最終回が12月18日、放送された。一時は不倫関係だったが、別れていた優子(吉田羊さん)と赤坂(磯村勇斗さん)の恋愛模様の結末が描かれ、視聴者からは、「赤坂くん×優子さんファンの私にとっては、本当に最高の結末」「恋する母たち最高だった。。赤坂沼に引き込まれるぅ」などの声が続々と上がっていた。

 ドラマは、女性週刊誌「女性セブン」(小学館)で2017年から今年7月まで連載された柴門ふみさんの同名マンガが原作。木村さん、吉田さん、仲里依紗さん演じる、同じ高校に通う息子を持つ3人の母たちの恋愛と友情を描いたラブストーリー。

 最終回は、杏(木村さん)と優子とまり(仲さん)は、いつもの喫茶店で話をしていた。まりは、離婚話が難航していること、しばらく会っていない丸太郎(阿部サダヲさん)の気持ちが離れているのではないかと不安に思っていると2人に明かす。優子は、家を出て丸太郎の所へ行くよう助言する。

 数カ月後、優子は社長から取締役の内示を受ける。喜びを真っ先に伝えたのは与論島にいるシゲオ(矢作兼さん)。息子・大介(奥平大兼さん)をモデルにした小説「エシャロット」が大人気のシゲオは、優子の出世を心から喜び、東京で食事をごちそうすると約束。その後、宣伝部に立ち寄った優子は、元部下の有馬(結城モエさん)から「赤坂と結婚する」と告げられ……。

 赤坂の結婚式当日。タキシード姿で、優子の自宅へ向かった赤坂は、インターホン越しに「赤坂です。開けてください」と訴える。「結婚式、やめてきました」と話して、優子を抱きしめ……という内容だった。

 SNSでは、「インターホンに赤坂くん映ったときが1番もってかれた いきなりタキシード姿で現れるのはずるい」「赤坂くんのタキシード姿の破壊力……! インターホンの画面割れるわ」「インターホン鳴って白タキシードの赤坂くんいたら爆速であけるわ」などのコメントがずらり。

 これまでも、視聴者をときめかせてきた赤坂だが、「最後の赤坂くんがベッドでタメ口になるところヤバすぎ」「仔犬みたいに見つめる姿も愛おしさ100」「ハッピーエンド本当にうれしい~」などの声が続々と上がっていた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る