監察医 朝顔:第9話 “朝顔”上野樹里が“美幸”大竹しのぶと出会う “桑原”風間俊介は審議会へ

連続ドラマ「監察医 朝顔」第2シーズン第9話のワンシーン(C)フジテレビ
1 / 9
連続ドラマ「監察医 朝顔」第2シーズン第9話のワンシーン(C)フジテレビ

 女優の上野樹里さん主演のフジテレビ系“月9”ドラマ「監察医 朝顔」第2シーズン(月曜午後9時)第9話「法医学教室の危機…朝顔の怒りの理由は」が12月28日午後9時から2時間スペシャルで放送される。

 朝顔(上野さん)は、つぐみ(加藤柚凪ちゃん)と一緒に保育園の運動会に参加する。同じ頃、藤堂(板尾創路さん)らは、マンションの前で死亡していた雑誌の人気モデル、小湊真由(愛甲ひかりさん)の解剖をしていた。真由は全身11カ所も刺され、死因は背部刺創による出血性ショックだった。真由が人気モデルだったため、SNSでは、真由と親交があったモデル仲間の吉永明日花(水野瑛さん)や、交際がうわさされた橘凛太朗(宮内伊織さん)の犯行を疑う声も上がっていた。

 その矢先、高橋(中尾明慶さん)と牛島(望月歩さん)が解剖室を掃除していると、解剖台のそばにあった水道管が壊れる。それが原因で、予定されていた解剖は別の大学に依頼することになる。

 水道修理が終わるまで有休を消化することになった朝顔は、つぐみを連れて仙ノ浦へ。そこで、母・里子(石田ひかりさん)と中学、高校の同級生という美幸(大竹しのぶさん)と出会う。一方、桑原(風間俊介さん)は、発砲した件で臨時審議会への出席を命じられる……。

 原作は、マンガ誌「漫画サンデー」(実業之日本社、現在は休刊)で連載された作・香川まさひとさん、画・木村直巳さん、監修・佐藤喜宣さんの同名マンガ。設定をアレンジし、東日本大震災で母が行方不明となった法医学者の万木朝顔(上野さん)と、朝顔の父でベテラン刑事の万木平(たいら、時任三郎さん)がかたや解剖、かたや捜査で遺体の謎を解き明かす様を描くヒューマンドラマ。第2シーズンは2クールで描かれる。

写真を見る全 9 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る