仮面ライダーセイバー&仮面ライダーゼロワン:“芽依”川津明日香&“イズ”鶴嶋乃愛&“唯阿”井桁弘恵が語るヒロイン像

アニメ 映画
(左から)井桁弘恵さん、川津明日香さん、鶴嶋乃愛さん

 放送中の特撮ドラマ「仮面ライダーセイバー」(テレビ朝日系)の映画「劇場短編 仮面ライダーセイバー 不死鳥の剣士と破滅の本」(柴崎貴行監督)と、「仮面ライダーゼロワン」の新作映画「劇場版 仮面ライダーゼロワン REAL×TIME」(杉原輝昭監督)が2本立てで公開中だ。このほど、「セイバー」でヒロイン・須藤芽依を演じている川津明日香さん、「ゼロワン」で高橋文哉さん演じる飛電或人の秘書型AIロボ・イズを演じた鶴嶋乃愛さん、刃唯阿/仮面ライダーバルキリー役の井桁弘恵さんという新旧3人のライダーヒロインで鼎談(ていだん)を敢行。仮面ライダーヒロインならではのエピソードについて聞いた。

 ◇仮面ライダーヒロインの“あるある”

 それぞれ性格や役割が異なる仮面ライダーヒロインに扮(ふん)する3人。川津さん演じる芽依というキャラクターのイメージを、井桁さんは「男性キャストが多い『セイバー』の中で女性としての華を全部担っていて本当にパワフルで元気。見ていて画面が明るくなる“ザ・ヒロイン”という感じ」、鶴嶋さんは「『ゼロワン』にはこんな明るい女の子のキャラクターがいないので新鮮。太陽みたい」と評する。

 一方、川津さんは鶴嶋さん演じるイズについて「AIに徹しているというイメージ。まばたきをしなかったり動きがカチカチしているのに可愛かったりというのは鶴嶋さんのすごさ。私にはできない」と絶賛。続けて「(芽依という)明るい役をやっているからか、唯阿のような役に憧れます。井桁さんが女の子らしくて柔らかい雰囲気なのに、劇中では男っぽい服を着たり銃をガンガン撃ったりとかほれちゃいます(笑い)。ギャップがすごい」とたたえる。

 仮面ライダーヒロインの“あるある”という話題に、鶴嶋さんが「(変身した)仮面ライダーの後ろでヒロインとしていること」と切り出すと、川津さんが「最初は戦闘に行くよりお留守番が多かったのですが、最近は戦いにも行くようになりました。撮影では、飛羽真(内藤秀一郎さん)や倫太郎(山口貴也さん)とか、みんな帰っちゃう中で1人待っているとちょっと寂しい。聞いていたのはこれかって」と同意。鶴嶋さんも「スーツアクターの方が話しかけてくださるのですが、やっぱり“仲間”がいないと寂しい」と同意する。

 先輩ヒロインとして後輩にアドバイスをと投げかけると、井桁さんと鶴嶋さんは「体調管理」と口をそろえる。井桁さんが「朝早いし、声も叫んだり張ったりするし、寒いところで撮影があったりもする。特に冷えは大変なので気をつけて頑張ってほしい」とエールを送ると、川津さんは「やってきた方から言われるとちゃんとしなきゃと思います」と気を引き締めていた。

 公開中の「劇場短編 仮面ライダーセイバー 不死鳥の剣士と破滅の本」の見どころについて、川津さんは「個性が強すぎるぐらい強い6人の変身を一気に見られる同時変身や、仮面ライダーとは何かというのを問いかけるシーン。最後にはほっこりするようなセイバーらしいシーンなどを楽しんでもらえたら」と呼びかける。

 一方、仮面ライダーゼロワンの “集大成”的な作品となる「劇場版 仮面ライダーゼロワン REAL×TIME」について、井桁さんは「特に亡(中山咲月さん)とシェスタ(成田愛純さん)との女性キャストをギュッと集めた3人組でのシーン。撮影中、これ『ゼロワン』なのかな、というほどほのぼのして楽しかった。絶妙に合っているのか合っていないかのような掛け合いを見てほしい」。鶴嶋さんは「イズとアズという対照的なキャラクターのギャップやこだわった部分でもあるアズの衣装にも注目してほしい。お気に入りはラストシーンの演出。とにかくロマンチックな演出でグッとくるのではと思うのでじっくり見ていただきたい」と、初見はもちろん“2周目”以降でも楽しめるポイントをそれぞれ語っていた。(取材・文:遠藤政樹)

 ※柴崎貴行監督の「崎」はたつさき

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る