仮面ライダー:“諫”岡田龍太郎&“倫太郎”山口貴也、“くやしさ”糧に作品を支える2号ライダーの矜持

アニメ 映画
山口貴也さん(左)と岡田龍太郎さん

 映画「劇場版 仮面ライダーゼロワン REAL×TIME」(杉原輝昭監督)と「劇場短編 仮面ライダーセイバー 不死鳥の剣士と破滅の本」(柴崎貴行監督)が2本立てで公開中だ。共に主演を目指し、当初は「悔しい」という思いを抱いていたという不破諫/仮面ライダーバルカン役の岡田龍太郎さんと、新堂倫太郎/仮面ライダーブレイズ役の山口貴也さんの2人に、“2号ライダー”としての思いや心構え、互いの変身フォームや映画の見どころなどを語ってもらった。

 ◇クランクイン時にかけられた言葉を胸に2号に“変身”

 岡田さん演じる“先輩2号ライダー”である諫/バルカンに、山口さんは「岡田さん自身の雰囲気や役のイメージから『2号ライダーとはこういうもの』ということを感じ参考にさせてもらいましたが、カッコいい2号」というイメージを抱いていたという。

 山口さんの言葉に「ありがとうございます」とにこやかに応じた岡田さんだが、「こんなことを言うと印象悪いかもしれませんが、僕は2号ライダーではなく主演を目指してやっていましたし、『ゼロワン』という作品の中のバルカンだから遠慮して……というのはあまり考えなかった」と当時の複雑な心境を明かす。

 テレビシリーズのクランクイン当初のことを、岡田さんは「監督に最初『負けるな』『作品に負けてしまうぞ』と言われたのが印象的だった。」と振り返る。

 ◇全員が“1号”という思いがあるからこそ作品の完成度が向上

 高橋文哉さんと内藤秀一郎さんの対談では「1号ライダーとして背負う思い」が語られていたが、岡田さんは2号ライダーとして、「(『仮面ライダージオウ』の)ゲイツ(押田岳さん)はソウゴ(奥野壮さん)が王様だという関係性があるので違うかもしれないけど、俺は思いっきりやりました。諫はキャラ的にも周りと仲良くやっていくようなキャラクターでもなかったから、そういうところはリンクしたのかもしれない」と話す。

 同じポジションである山口さんも「すごく聞いてみたかったこと。オーディションで主役を目指していたので、すごく悔しかった」とうなずき、「『セイバー』では全員がライバルで、アフレコや芝居も自分なりに考えていき『くってやろう』と思ってやっています。でも2号っぽい悩みというか、“わがままな思い”なのでしょうか」と不安な思いを口にする。

 すると岡田さんは「視聴者に届くのは作品だし、気分は1号ライダー。(変身するキャスト)全員が1号というつもりでやるからこそ面白いのだと思うから、自分は作品内ではこれぐらいの立ち位置という考えはなかった」と撮影へのスタンスを解説。

 さらに「出演者みんな、ちょっとはそういう思いがあるのでは。今は反響とかもわかりやすい分、主演だからと気は抜けないと思いますし、そういう意味ではみんな“戦い”というか、そうやっていくから張り合いや緊張が生まれて面白いものになるのでは」と持論を語る。

 ◇「毎話オーディション」という言葉に込められた思い

 先輩ライダーから後輩に“継承”したいことはという質問に、岡田さんは「ずっと意識していたのが、『毎話オーディションだと思った方がいい』ということ」と本読みの段階でプロデューサーからかけられた言葉を挙げて答える。

 理由については「他の作品と違って台本が最後まで決まっておらず、状況に応じて変わることがたくさん起こりうる。そういう意味では視聴者に楽しんでもらえるようなものを考えたり、現場で作ったりと、毎カットでオーディションのようにつかみにいけるチャンスがある」と説明。そして「1年先輩といってもタイミングの問題だけ。不破・バルカンが大成功したかどうかもわからないので、頑張ってくださいとしか言えない。悔しい思いがあるならそれをバネにするしかない」と2号ライダーならではの心境を踏まえて語る。

 聞いていた山口さんは「すごく身に染みました。自分の役のキャラをつかんでやればいいというのではなくて、最初の気持ちを忘れずに、役者としての自分もそうだし、役の生きざまを残すために、毎回死ぬ気でやらなければならないというのはすごく響きました」と言葉をかみ締めるように話す。

 さらに岡田さんは「『仮面ライダー』はいろいろな脚本家の方や監督の方が携わるけど、監督から『最後に役に筋を通すのは君たちしかいない』と言われたことがある」と前置きし、「自分の中にできつつあった不破諫像に合わないと感じるせりふが来て、めちゃくちゃ話し合いをしたことがあったけど、実はその時の監督が(『セイバー』の監督でもある)柴崎(貴行)さんでした」と明かす。

 そして岡田さんは「自分が感じている役と合わないことがあれば、監督とかと相談しつつやるのがいい。やっぱり監督と話していると演出の意図が明確になってスッキリすることが多いので、話し合いつつやっていくのがいい」と自身の経験をもとにアドバイスを送った。

◇バルカンとブレイズ、互いの武器に憧れる

 そんな2人の「互いのライダーの印象やカッコいいと感じる部分は」という話題に、岡田さんは「バルカンは基本的に銃を使うから、ブレイズのように剣でバサッといってエフェクトがかかるのはカッコいい」と笑顔を浮かべる。

 山口さんは「もともと刑事ものが好きなので銃はうらやましい」といい、「パンチングコングという力強いのもあったりランペイジはいろいろ使えたり、アサルトウルフとかいっぱいフォームがある。見た目も黒色が入っていてかっこいい。歩いている途中に装着していくのもカッコいい」とべた褒めする。

 最後に劇場版の見どころについて、岡田さんは「TVシリーズでは滅(砂川脩弥さん)というキャラクターが諫と対立するなど『滅亡迅雷.net』が諫のストーリーで重要な要素でしたが、劇場版では彼らと一緒に同時変身もして“集大成感”がある。ヒューマギアと人間の対立が作品のテーマだったので、いいエンドだったのでは」と話し、「ここで終わりではなくてVシネクスト『ゼロワン Others 仮面ライダー滅亡迅雷』に、同じ時間軸で作品が続いていく。そちらの方も楽しみにしてもらえれば」とスピンオフまでアピール。

 山口さんは劇場短編で「普段テレビでは見られないようなエフェクトや戦い方をしていて迫力が増している」とブレイズの注目ポイントを挙げ、作品全般については「仮面ライダーとは何か、正義とは何かみたいなものを各々違う言い回しですが、メッセージ的に発信しているので、言葉一つ一つも聞き逃さずに見ていただけたら」と語っていた。(取材・文:遠藤政樹)

 ※柴崎貴行監督の「崎」はたつさき

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る