山口貴也:仮面ライダーセイバーの倫太郎 TBS“火10”出演 永野芽郁を外部から援助するベンチャーキャピタル社員に

7月期の連続ドラマ「ユニコーンに乗って」に出演する山口貴也さん(C)TBS
1 / 4
7月期の連続ドラマ「ユニコーンに乗って」に出演する山口貴也さん(C)TBS

 特撮ドラマ「仮面ライダーセイバー」(2020~21年)で仮面ライダーブレイズ/新堂倫太郎を演じて話題となった俳優の山口貴也さんが、永野芽郁さん主演で7月期に放送される連続ドラマ「ユニコーンに乗って」(TBS系、火曜午後10時)に出演することが6月7日、明らかになった。主人公・成川佐奈(永野さん)がCEOを務める教育系スタートアップ企業「ドリームポニー」に出資する、ベンチャーキャピタルの社員・白金貴史(しろがね・たかし)を演じる。

 白金は独特な話し方が特徴で、保身が最優先の少し頼りない人物。しかし、白金が初めて担当した会社が「ドリームポニー」ということもあり、なんだかんだで佐奈たちの力になる。

 山口さんは役どころについて、「佐奈が率いるドリームポニーを外部から援助します」と紹介し、「白金が、佐奈や社員の皆さんとどんな歩みをするのか注目してください!」とアピールした。

 モデルの石川恋(れん)さん、同局の演技バトル番組「TBSスター育成プロジェクト『私が女優になる日_』」で2位になった武山瑠香(るか)さんの出演も発表された。石川さんは、佐奈のビジネスパートナー・須崎功(すざき・こう、杉野遥亮さん)の幼なじみの倉田凛花(くらた・りんか)を演じる。凛花は幼い頃から須崎に思いを寄せていて、佐奈が現れてから須崎の人生が悪い方向に変わっていったと考えており、何かと佐奈に文句をつける。

 武山さんは、佐奈の9歳年の離れた妹で天真爛漫(らんまん)な女子高生の成川依里(いり)を演じる。シングルマザーで忙しかった母に代わって佐奈が育てたといっても過言ではない依里は、少しませていて生意気な部分もあるが、“お姉ちゃん子”でよく佐奈の家に遊びにくる。教育アプリを作る佐奈にとって、現役女子高生の依里の意見はビジネスのヒントになることもある。

 TBSの公式YouTubeチャンネルでは、ティザー動画第1弾も公開された。

写真を見る全 4 枚

テレビ 最新記事