さとうほなみ:「六本木クラス」出演 “新”竹内涼真支えるトランスジェンダーの居酒屋店員に

7月7日スタートの連続ドラマ「六本木クラス」に出演する(上段左から時計回りに)矢本悠馬さん、緒形直人さん、稲森いずみさん、近藤公園さん、田中道子さん、光石研さん、中尾明慶さん、さとうほなみさん(C)Kwang jin /tv asahi
1 / 1
7月7日スタートの連続ドラマ「六本木クラス」に出演する(上段左から時計回りに)矢本悠馬さん、緒形直人さん、稲森いずみさん、近藤公園さん、田中道子さん、光石研さん、中尾明慶さん、さとうほなみさん(C)Kwang jin /tv asahi

 ロックバンド「ゲスの極み乙女。」のドラマー“ほな・いこか”として知られる女優のさとうほなみさんが、竹内涼真さん主演で7月7日にスタートする連続ドラマ「六本木クラス」(テレビ朝日系、木曜午後9時)に出演することが6月7日、明らかになった。主人公・宮部新(あらた、竹内さん)が店長を務める六本木の居酒屋「二代目みやべ」の店員・綾瀬りくを演じる。りくは、生まれたときの身体的性は男性、性自認は女性のトランスジェンダーという役どころとなる。

 「六本木クラス」は、大ヒットした韓国ドラマ「梨泰院(イテウォン)クラス」のリメーク版で、原作者のチョ・グァンジンさん自身が設定を日本に置き換えて描く、マンガ配信サービス「ピッコマ」で掲載中の「六本木クラス~信念を貫いた一発逆転物語~」が原作。強大な権力を持つ日本最大の巨大外食産業「長屋ホールディングス」に絶望のふちに立たされた新が、復讐(ふくしゅう)を誓い、“下克上”を目指す姿を描く。全13話。

 さとうさん演じるりくは、工場で働いているときに新と出会い、その後、料理人として「二代目みやべ」で働くことになった人物。「二代目みやべ」を成長させるべく共に奮闘する、新にとって大切な存在だ。

 さとうさんは「綾瀬りくという役は、もともと韓国版でもとても魅力を感じており、だからこそこの役で作品に携われることに喜びを感じております」とコメント。「(主演の)竹内さんは撮影前のリハーサル時に全員が帰るまで現場に残り、質問にも丁寧に答えてくださるなど、本当にリーダーだなと感じています。頼れるリーダーのもと、楽しませていただこうと思います」と語った。

 稲森いずみさん、緒形直人さん、光石研さん、中尾明慶さん、矢本悠馬さん、近藤公園さん、田中道子さんの出演も発表された。稲森さんが「長屋ホールディングス」常務の相川京子、緒形さんが「長屋ホールディングス」の跡取り息子・長屋龍河(早乙女太一さん)による事件を担当した刑事・松下博嗣(ひろつぐ)、光石さんが新の父で「長屋ホールディングス」商品部開発部部長の宮部信二をそれぞれ演じる。

 中尾さんが服役中に新と出会い、出所後に「二代目みやべ」で働くことになる内山亮太、矢本さんが新と龍河の同級生で、龍河からのいじめに遭っているところを新に救われる桐野雄大、近藤さんが「長屋ホールディングス」会長・長屋茂(香川照之さん)の秘書の桜木幸雄、田中さんが新のよき話し相手のダイニングバー「Flecha verde」店主・理沙ガルシアをそれぞれ演じる。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画