24 JAPAN:第13話 妻子を救出した“獅堂現馬”唐沢寿明 “黒幕”神林と直接対決

1月8日に放送される連続ドラマ「24 JAPAN」第13話の一場面=テレビ朝日提供
1 / 3
1月8日に放送される連続ドラマ「24 JAPAN」第13話の一場面=テレビ朝日提供

 唐沢寿明さん主演の連続ドラマ「24 JAPAN」(テレビ朝日系、金曜午後11時15分)第13話が1月8日に放送される。

 獅堂現馬(唐沢さん)は、日本初の女性総理候補・朝倉麗(仲間由紀恵さん)の暗殺計画に関わるテロ実行グループのボス・神林民三(高橋和也さん)のアジトに監禁されていた妻・六花(木村多江さん)と娘・美有(桜田ひよりさん)を救出した。だが、神林の猛追をかわすうち、やっとのことで再会した最愛の妻子とはぐれてしまう。危険を承知で六花と美有を捜し回る現馬は、ついに神林との直接対決へ。

 一方の麗は、息子・夕太(今井悠貴さん)が過去に正当防衛で殺人を犯していたことを知るカウンセラー・葵塔子(西丸優子さん)が不慮の事故で死亡したことについて疑念にさいなまれていた。闇の情報屋・上州(でんでんさん)が事の真相をもみ消すため、塔子を抹殺したのだと考えた麗は全てを告発しようとする。だが、その覚悟を根底から揺るがすような言葉を、夫遥平(筒井道隆さん)や近しい人物たちから次々と浴びせられる。

 ドラマは、米ドラマ「24-TWENTY FOUR-」シーズン1をベースに、日本初の女性総理誕生への期待が高まる総選挙当日の24時間が描かれる。日本版ジャック・バウアーこと現馬が、CTUのメンバーと共に麗の暗殺計画阻止という極秘任務にあたる。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る