天空侵犯:アニメが2月25日にNetflixで全世界配信 福山潤が“神”になろうとする男に 日笠陽子、緒方恵美、伊藤静も

アニメ マンガ
「天空侵犯」のPVの一場面(C)三浦追儺・大羽隆廣・講談社/天空侵犯製作委員会

 DeNAのマンガアプリ「マンガボックス」で連載されたサバイバルアクションマンガが原作のアニメ「天空侵犯」が、2月25日からNetflixで全世界独占配信されることが分かった。声優として福山潤さん、日笠陽子さん、緒方恵美さん、遊佐浩二さん、安済知佳さん、伊藤静さんが出演することも発表された。

 福山さんは「神」になろうとする男・相川守、日笠さんは相川のために忠実に動くサディスティックな仮面の女・日下部弥生、緒方さんは主人公・本城遊理の兄・理火の仲間となった少年・沖原真司、遊佐さんは医者だった男・青原和真、安済さんは青原に使役される仮面の少女・アイン、伊藤さんは謎の女性・ディーラー仮面をそれぞれ演じる。

 アイドルグループ「EMPiRE(エンパイア)」がオープニングテーマ(OP)「HON-NO」、ロックバンド「Have a Nice Day!(ハバナイ!)」がエンディングテーマ(ED)「わたしの名はブルー」を担当することも分かった。相川守ら追加キャラクターが登場するPVが公開され、OP「HON-NO」がお披露目された。

 「天空侵犯」は、「亜人」などで知られる三浦追儺さんが原作、「ボックス!」などの大羽隆廣さんが作画を担当。2014~19年に「マンガボックス」で連載された。地上に降りることができない高層ビル群を舞台に、主人公の女子高生・本城遊理が仲間と協力し、謎の仮面と戦うサバイバルアクション。

 アニメは、たかたまさひろさんが監督を務め、待田堂子さんがシリーズ構成を担当する。「同居人はひざ、時々、頭のうえ。」「ぐらんぶる」などのゼロジーが制作する。

 ◇福山潤さんのコメント

 相川守役の福山潤です。主人公に立ち塞がる、強大な小物として楽しく演じさせていただきました。皆様が相川を見て、共感か反発か嫌悪か? どのように感じるのかを楽しみにしつつ、皆様が楽しんでご覧いただけることを願っております。

 ◇日笠陽子さんのコメント

 オーディションの時、天空侵犯を見て、なんてとがった作品なんだと。そして弥生を見た時なんてとがったキャラクターなんだと。非常にワクワクしながらアフレコに臨みました。冷静冷酷さと、ぶっ壊れ具合の同居を楽しんでいただければ幸いです。

 ◇緒方恵美さんのコメント

 オーディションに2回? 3回? 呼んでいただいたのですが、その度に、役のバックボーンを詳しく説明してくださり、スタッフの皆様の「熱」を感じました。沖原は比較的自由度の高い少年だったので、楽しく演(や)らせていただきましたが、本当はこのあとの部分がさらに楽しそうなので、ぜひ2期まで走っていただけたらいいなと思っています(笑い)。読んでいても続きが気になる物語。楽しんでください!

 ◇遊佐浩二さんのコメント

 オーディションで決まるまで、原作を拝見していなかったのですが、青原は思っていたより「~」な人でした。まだ放送前なのでネタバレできませんが、役に決まってから原作を読んで「お! オーディションのセリフ以外はこういう感じなんだ」と収録を心待ちにしておりました。常にバトルやいろいろなことが起こる作品なので、見てても演じていても体力を使う現場です。実際に絵が動き、音が付くと、かなりインパクトのある作品だと思います。まだ完成したものは見ておりませんが、非常に仕上がりが楽しみです。

 ◇安済知佳さんのコメント

 アイン役の安済知佳です。登場人物みんな強烈な個性を放っていますが、アインもツインテールにロリータに日本刀という漏れることなく個性的ないでたちで、可愛らしい性格も相まって演じるのが楽しかったです。言葉数は少ないながら、感情は豊かで殺伐とした戦いの中、時折あふれる少女らしさがいとおしい子でした。収録はかなり前の役者一同一緒に録(と)れていた時期で、作中はスリル満載のヒリヒリ感がありましたが、現場の雰囲気は和気あいあいと和やかでした。監督のシーンやキャラクターの説明がすごく面白くてそれも楽しかったです。原作を読んでいる方にもアニメ天空侵犯を楽しんでいただけたらうれしいです。よろしくお願いします!

 ◇伊藤静さんのコメント

 ディーラー仮面さんは謎の多いキャラクターですので、一体どんな立ち位置で、何を考えていて、起こったことに対してどう感じているのか……。それを踏まえてどんなふうに演じるか、いろいろ考えた役でした。衝撃的なことが次々起こる作品ですので、皆さんもたくさんの驚きと共に、目を離さずに楽しんでいただけたらうれしいです。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る