生田斗真:菊池風磨は「よくできた後輩」 主演ドラマ「書けないッ!?」で初共演

連続ドラマ「書けないッ!?~脚本家 吉丸圭佑の筋書きのない生活~」制作発表リモート会見に出席した(左から)菊池風磨さん、生田斗真さん、吉瀬美智子さん、福田靖さん=テレビ朝日提供
1 / 1
連続ドラマ「書けないッ!?~脚本家 吉丸圭佑の筋書きのない生活~」制作発表リモート会見に出席した(左から)菊池風磨さん、生田斗真さん、吉瀬美智子さん、福田靖さん=テレビ朝日提供

 俳優の生田斗真さんが1月13日、主演を務める連続ドラマ「書けないッ!?~脚本家 吉丸圭佑の筋書きのない生活~」(テレビ朝日系、土曜午後11時半)の制作発表リモート会見に出席。本作で初共演する「Sexy Zone」の菊池風磨さんについて聞かれた生田さんは、「よくできた後輩です(笑い)。風磨が演じているのは家庭教師なのですが、なぜかずっと家に居座るんですよ。それが、物語が進むにつれて、パートナーのようになっていくので、2話以降、関係性が深まっていくところに注目していただきたいです」と語っていた。

 会見には吉瀬美智子さん、菊池さん、脚本家の福田靖さんも出席した。本作で、生田さんとの夫婦役に臨む吉瀬さんは、「ドラマの中でこの凸凹夫婦は斗真君がちょっとデキない感じなのですが、リアルだと真逆で……しっかりしている斗真くんが現場を引っ張ってくれました。常に子供たちが一緒だから、なぞなぞの本を持ってきて現場の空気をなごませてくれたり、ドラマの外でも本当に“いいお父さん”でした」と絶賛していた。

 ドラマは、ベストセラー作家の妻や子供たちのため、細々と執筆を続けながら家事全般を担う脚本家兼主夫の吉丸圭佑(生田さん)が、ひょんなことからゴールデンタイムの連続ドラマを担当することになり、クセの強いドラマの関係者に振り回されながらも、執筆、家事、育児に全力投球するマイホームコメディー。1月16日スタートで、初回は1時間スペシャルとして午後11時から放送される。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る