小芝風花:フィギュア選手時代の秘蔵映像も 芸能界入りは浅田真央がきっかけ 「徹子の部屋」出演

1月22日放送の「徹子の部屋」に出演する小芝風花さん=テレビ朝日提供
1 / 3
1月22日放送の「徹子の部屋」に出演する小芝風花さん=テレビ朝日提供

 女優の小芝風花さんが、1月22日に放送される黒柳徹子さんの長寿トーク番組「徹子の部屋」(テレビ朝日系、午後1時)に出演する。コミカルからシリアスまで変幻自在に役を演じ、「若手演技派女優」と呼ばれる小芝さん。将来有望なフィギュアスケート選手だった過去や、芸能界入りのきっかけなどを明かす。

 小学校3年生から中学校2年生まで、オリンピックを目指すようなフィギュアスケートの選手だった小芝さん。将来有望な選手だけが参加できる合宿にも呼ばれ、トリプルトゥループを飛ぶことができたという。その時の秘蔵映像も紹介する。

 当時は毎日スケートリンクに上がり、時には1日7時間も練習することもあったという。レッスン費用が掛かるので、なるべく安く抑えようと衣装は全て母の手作りだったと明かす。毎回凝った作りの衣装がすてきで、「この衣装で試合に出たい!」と、気合いが入ったと振り返る。

 芸能界に入ったきっかけは、浅田真央さんが影響していたというエピソードや、フィギュア選手時代に母にもらった「成功する姿を想像する」というアドバイスをモットーに、小さな目標を立て一つずつ達成して行く日々だと語る。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る