交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション:最終作「EUREKA」2021年初夏公開 ビジュアル、特報公開 「少女の終わり。少女の始まり」

「EUREKA/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション」のティザービジュアル(C)2021 BONES/Project EUREKA MOVIE
1 / 7
「EUREKA/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション」のティザービジュアル(C)2021 BONES/Project EUREKA MOVIE

 人気アニメ「交響詩篇エウレカセブン」の劇場版「交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション」の第3弾で最終作となる「EUREKA/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション」が、2021年初夏に公開されることが1月22日、分かった。ティザービジュアルと特報も公開された。ビジュアルには「少女の終わり。少女の始まり」というキャッチコピーが添えられ、特報はエウレカ役の名塚佳織さんのナレーションを担当した。

 「エウレカセブン」は、英雄だった父・アドロックを失ったレントンの前に、LFO(巨大人型ロボットの総称)のニルヴァーシュと反政府組織ゲッコーステイトの少女エウレカが現れ、戦いに巻き込まれていく……というストーリー。テレビアニメ「交響詩篇エウレカセブン」が2005~06年に放送された。

 「ハイエボリューション」シリーズは、京田知己監督、脚本の佐藤大さん、キャラクターデザインの吉田健一さんといったテレビアニメのスタッフが再集結し、テレビアニメと同じくボンズが製作。第1作「交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1」が2017年9月、第2作「ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション」が2018年11月に公開された。

 ◇特報のナレーション(原文のまま)

たった1人で生きてきた。
たった1人で戦い続けてきた。
なにもわからなかった。
なにも見えなかった。
それでも、進み続けた。
もがき続けた。

君と出逢った。
肩を並べて話した。
同じ道を歩いた。
同じ空を見上げた。
君の手を握って、話して、握って。
大切なものが溢れていった。
守りたい。
どれだけ傷ついても。
未来を届けたい。
あの人が愛したこの世界に。

少女の終わり。少女の始まり。

写真を見る全 7 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

PHOTO

このページのトップへ戻る