レッドアイズ 監視捜査班:“天才ハッカー”松村北斗に反響「ハマり役」「似合いすぎ!」 “ワンコみ”に「超絶可愛い」の声も

連続ドラマ「レッドアイズ 監視捜査班」第1話のワンシーン=日本テレビ提供
1 / 1
連続ドラマ「レッドアイズ 監視捜査班」第1話のワンシーン=日本テレビ提供

 人気グループ「KAT-TUN」の亀梨和也さんが主演を務める連続ドラマ「レッドアイズ 監視捜査班」(日本テレビ系、土曜午後10時)第1話が、1月23日に放送された。天才ハッカーの小牧要を演じる「SixTONES」の松村北斗さんに対し、視聴者から「小牧要めっちゃハマり役」「天才ハッカーの役、似合いすぎ!」「北斗くん役ぴったり」「この役、大正解すぎるのでは」「松村北斗の良さ、たくさん出てる」といった反響があった。

 ドラマは、実在の警察組織SSBC(警視庁捜査支援分析センター)を基にした架空の組織KSBC(神奈川県警捜査支援分析センター)の活躍を描くサイバークライムサスペンス。婚約者を殺害された過去を持つ特別捜査官の伏見響介(亀梨さん)が、元犯罪者が集まるKSBCの民間捜査員と共に、全国にある約500万台の監視カメラ映像など、日本中のビッグデータを駆使して凶悪犯を追い詰める。

 第1話では、元刑事の伏見がかつての上司・島原(松下奈緒さん)から、最新監視システムを使って解析を行い、捜査に役立てることを目的に設立されたKSBCで特別捜査官として働くことを打診される。 伏見は元自衛官の湊川(シシド・カフカさん)、元大学教授の山崎(木村祐一さん)、天才ハッカーの小牧らと共に勤務することを決める。

 そんな中、公園の駐車場で女性が襲われ、男に連れ去られる事件が発生する。小牧は得意のデータ解析能力を生かして、犯人にまつわる情報を見つけ出すだけでなく、あっという間に犯人の乗った車の場所まで特定する……という展開だった。

 劇中には、KSBCの情報分析官・長篠(趣里さん)が使うシステムを見た小牧が、「ね、そのシステム僕にも触らせて?」と上目遣いでおねだりしてみせるが、長篠に無視されシュンとなる場面も登場。SNSでは、「子犬みたいな上目遣いいただきました」「すねる要くん、可愛すぎた」「北斗くんめっちゃワンコ……」「ワンコかましてるの超絶可愛い」「ワンコ感あふれる表情と仕草がたまんない」といった声が相次いだ。

 そのほか、「あざとさ全開なのに天才ハッカーはもうギャップ萌(も)え」「ワンコな感じもクールな感じもあって最高」「役の振り幅ありすぎ」など役柄上のギャップについてのコメントも見られた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る