呪術廻戦:パンダVS究極メカ丸 関智一とのバトルに“ビリビリ” 松岡禎丞に親近感も

「呪術廻戦」の一場面(C)芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会
1 / 10
「呪術廻戦」の一場面(C)芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会

 「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載中の芥見下々(あくたみ・げげ)さんのマンガが原作のテレビアニメ「呪術廻戦」が第2クール「京都姉妹校交流会編」に突入した。交流会では、呪術高専東京校と京都校が激突。東京校のパンダが、京都校の究極(アルティメット)メカ丸と戦う。しゃべるパンダ、ロボットの究極メカ丸という、個性的なキャラクターが多い「呪術廻戦」でも特に異質なキャラクター同士のバトルということもあり、注目が集まる。パンダ役の関智一さん、究極メカ丸役の松岡禎丞さんは、共に人気声優ではあるが、意外にも共演経験は少ないという。関さん、松岡さんに異質なバトル、役者としてのお互いの印象について聞いた。

 ◇パンダはお父さんみたいな感じに

 --原作を読んだ印象は?

 松岡さん 人間の根本的な感情が集まっていたり、人間は罪深い生き物なんだと改めて感じました。バトルも衝撃的でした。主人公は、なんだかんだ負けないものですし、多分勝つんだろうな……と思いつつも、ギリギリなところが怖くなるんですよね。ギャグとシリアスのギャップもあり、本当に面白い作品です。

 関さん 昔の「どろろ」みたいな感じもしました。好きな世界観です。

 --個性的なキャラクターが多い中でもパンダは異質です。

 関さん マンガなので、人間以外のキャラクターが出てくることもありますが、ああ、パンダなんだ……と。この世界観の中でどういう存在なのかが最初、気になりました。何でこうなったの!?と。ほかのキャラクターは普通の人間ですからね。

 松岡さん 最初は着ぐるみだと思っていました。

 --究極メカ丸もまた異質です。

 松岡さん 表情が分からないんですよね。生い立ちを考え、どれだけ表現できるのかが挑戦だと思いながら演じています。

 --お二人はこれまでもさまざまなキャラクターを演じられていますが、その中でも特殊ですよね。

 関さん そうですね。これまでにないですね。

 松岡さん 僕もないです。

 ー-パンダを演じる際に意識していることは?

 関さん 最初は迷っていました。いろいろな方向性が考えられます。可愛いのも気持ち悪いのも。現場で「お父さんみたいな感じ」というお話があり、懐の深さを意識しています。

 ー-究極メカ丸は?

 松岡さん 方向性をいろいろ考えていたのですが、テストが始まる前に音響監督さんから「メカは意識しないでいいです」とディレクションをいただきました。生い立ちが重たい部分もあります。仲間のおかげで落ちるところまで落ちなかった。強いけどナイーブな部分もあって、ある種、世界を呪っているような感覚がありました。原作では語尾がカタカナなので、自然と語尾が固くなることがありましたね。

 ◇憧れの関智一とのバトルに感無量

 --バトルシーンのアフレコの様子は?

 松岡さん すごかったです。

 関さん いっぱいアクションしたよね。熱いバトルになったと思います。どうだった?

 松岡さん パンダの一言一言がメカ丸に刺さるんですよね。メカ丸がぶち切れたり、それでもパンダが受け入れてくれる。微妙な友情が芽生えたり。

 関さん やっぱりパンダはお父さんっぽいよね。

 --二人はこれまで共演経験は?

 関さん そんなにないんだよね。会わないことはないんですけど。

 松岡さん そうですね。関さんが主演の作品で、ゲストで呼んでいただいたことはありましたが。

 関さん あったね! 世代も違うし、松岡君は主演が多く、僕が脇に回っていることが多いですし。

 松岡さん そんなことはないですよ!

 関さん これまでなかなかがっつり共演する機会がなかったし、こんなにいっぱいしゃべったのは初めてですよね。僕は人見知りなところもあるので、後輩とも現場でしかお話する機会がないですし、こうやってお話できるのがうれしいですね。

 --役者としての印象は?

 関さん 別のトーク番組で話した時にも真剣に取り組む姿が印象的で、注目しています。見ていて、昔の自分と重なるところもあります。全力で!というところが。勝手に親近感を持っていますね。

 松岡さん ありがとうございます。関さんは、子供の頃から憧れている大先輩です。いつかがっつり共演してみたい!と常日ごろ思っていました。こうやってバトルができて感無量です。

 --関さんと共演して感じるところは?

 松岡さん ビリビリきています。心の芯にきています。

 --「呪術廻戦」は美しく、迫力のある映像も話題になっています。パンダ、究極メカ丸の戦いも素晴らしい演技、映像が期待されます。

 関さん 映像がすごいですよね! アフレコの時は絵ができていなかったので、分からないところもありますが、その分、イマジネーションが広がりました。期待しています!

 松岡さん 楽しみにしています!

写真を見る全 10 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

PHOTO

このページのトップへ戻る