吉田羊:“あの名作映画”のタイムマシンに変身? 「バック・トゥ・ザ・戦隊・フューチャーズ」で悪役に 

「バック・トゥ・ザ・戦隊・フューチャーズ」のワンシーン=WOWOW提供
1 / 3
「バック・トゥ・ザ・戦隊・フューチャーズ」のワンシーン=WOWOW提供

 女優の吉田羊さんが、俳優の大泉洋さんらの演劇ユニット「TEAM NACS(チーム・ナックス)」の結成25周年と、WOWOWの開局30周年を記念したプロジェクトとして放送される番組「WOWOWオリジナル『がんばれ!TEAM NACS』」に出演することが2月3日、明らかになった。吉田さんは、番組で放送される戦隊ヒーロー作品「バック・トゥ・ザ・戦隊・フューチャーズ」に、悪役・女帝デロリアン役で出演。女帝デロリアンは、“あの名作映画”に登場するタイムマシンを彷彿(ほうふつ)させる車を身に着けている。

 「バック・トゥ・ザ・戦隊・フューチャーズ」は、音尾琢真さんが学生時代から温めていたもので、長年の夢を自身の初監督により実現したヒーロー作品。誰もが知っている名作映画をオマージュしたものになるという。

 女帝デロリアンを演じてみて、吉田さんは「完全なる『変身』をして演じるラスボスなんて、後にも先にもこれっきりでしょうから、楽しんでやらせていただきました」とコメント。劇中の衣装については、「車の着ぐるみを脱ぐと全身黒で、ギャルソンの新シリーズみたいでかっこいいんですよ」と明かした。また、TEAM NACSとの共演について聞かれると、「デロリアン姿の私を見たNACSの皆さんが、あきれたり、笑ったりしながらも『何で引き受けたの?』と心配してくれました。やっぱり優しい人たちです。改めて、大好きだなぁと思いました」と語った。

 「バック・トゥ・ザ・戦隊・フューチャーズ」のヒーローのビジュアルも明らかになった。ヒーローたちは“あの名作映画”の天才科学者がモチーフになっており、全員長髪。ドクレッド、ドクブル-、ドクピンクの3人がいる。ドクレッドを森崎博之さん、ドクブルーを大泉洋さん、ドクピンクを戸次重幸さんがそれぞれ演じる。また、安田顕さんが悪役・バフン男として出演することも分かった。
 
 番組は3月7日午後11時に「episode1」、14日午後11時に「episode2」を先行放送・配信する。「episode1」は無料放送・配信。初夏に本放送・配信がスタートする。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る