Thunderbolt Fantasy:テレビシリーズ第3期が4月3日スタート 新キャラ声優に大塚明夫、花江夏樹

「Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀3」のビジュアル(C)2016 Thunderbolt Fantasy Project
1 / 5
「Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀3」のビジュアル(C)2016 Thunderbolt Fantasy Project

 アニメ「魔法少女まどか☆マギカ」「Fate/Zero」などで知られる「ニトロプラス」の虚淵玄(うろぶち・げん)さんが原案、脚本、総監修を務めた人形劇「Thunderbolt Fantasy(サンダーボルト・ファンタジー)」のテレビシリーズ第3期「Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀3」が、4月3日からTOKYO MXほかで放送されることが2月4日、分かった。

 第3期は、魔脊山の谷間に転落した婁震戒と七殺天凌の行方を捜す凜雪鴉、殤不患、浪巫謠、聆牙、捲殘雲に新たな魔の手が忍び寄る。新キャラクターも登場し、大塚明夫さんが萬軍破、花江夏樹さんが異飄渺をそれぞれ演じる。

 「サンダーボルト・ファンタジー」は、虚淵さんが台湾で人気の人形劇・布袋劇(ほていげき)の映像にほれ込み、制作した霹靂社とコラボした日台合同企画。第1期が2016年7~9月、第2期が2018年10~12月に放送された。

写真を見る全 5 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る