ペヤング:大盛りシリーズの顧客満足度や“味変”方法を紹介 モスバーガーの満足度ランキングも 特番「忌憚ナク蔵」きょう放送

2月11日放送の特別番組「忌憚ナク蔵」に出演する(左から)弘中綾香アナウンサー、加藤浩次さん、ファーストサマーウイカさん、大久保佳代子さん=テレビ朝日提供
1 / 1
2月11日放送の特別番組「忌憚ナク蔵」に出演する(左から)弘中綾香アナウンサー、加藤浩次さん、ファーストサマーウイカさん、大久保佳代子さん=テレビ朝日提供

「自社商品に対する顧客の本音が知りたい!」という企業からの依頼を受け、番組独自に顧客満足度調査を行った結果を遠慮なく発表するバラエティー特番「忌憚(きたん)ナク蔵」(テレビ朝日系)が2月11日午後6時45分から放送される。今回は、カップ焼きそば「ペヤング」でおなじみの「まるか食品」と、1972年創業のハンバーガーチェーン「モスバーガー」が登場する。

 加藤浩次さんが“本部長”としてMCを務め、ファーストサマーウイカさんが“筆頭秘書”、大久保佳代子さんが“ベテラン社員”、同局の弘中綾香アナウンサーが“秘書補佐”として出演。尾上松也さんが調査マンの「忌憚ナク蔵」に扮(ふん)する。

 カップ焼きそばの“大盛りシリーズ”が話題となっているまるか食品は、同シリーズについて「一体どんな人がどんな目的で買っているのか? 満足度調査をしてほしい!」と依頼。商品開発の裏側、他商品との差別化が明かされるほか、社員だからこそ知っているカップ焼きそばの“味変”方法も紹介される。

 モスバーガーは番組に「どんな商品がファミリーにうけているのか? 満足度調査をしてほしい!」と依頼。売り上げベスト10と比較しながら“満足度ランキング”が発表される。加藤さんらが「どのバーガーが食べにくい」「あのチェーンのバーガーのほうが好き」とネガティブな意見を言い放つ場面もあるという。また、ハンバーガーをオーダーするときのテクニックや、食べづらいハンバーガーをよりおいしく食べる方法なども明かされる。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る