呪術廻戦:“伏黒”内田雄馬ד加茂”日野聡 二人の心理戦 呼吸感を大切に

「呪術廻戦」の一場面(C)芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会
1 / 9
「呪術廻戦」の一場面(C)芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会

 「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載中の芥見下々(あくたみ・げげ)さんのマンガが原作のテレビアニメ「呪術廻戦」が第2クール「京都姉妹校交流会編」に突入した。交流会では、呪術高専東京校と京都校が激突。東京校の伏黒恵は、京都校の加茂憲紀と戦う。伏黒役の内田雄馬さん、加茂役の日野聡さん、心理戦が見どころになる二人の戦いについて聞いた。

 ◇会話でぶつかる心理戦

 --「呪術廻戦」の魅力は?

 内田さん 呪いをテーマにしていて重いイメージがありました。でも、ポップな要素もあるんですよね。僕はホラーが苦手なんです……。ホラーを避けている人間なのですが、読んでみてホラーじゃなかったと思いました!

 日野さん よかったね!

 内田さん よかったです! 呪霊と聞いただけで怖かったんですけど。

 日野さん  呪いがテーマで、生や死、人の心理を深く掘り下げているところが本当に面白いです。戦闘においても、各キャラクターがそれぞれ個性のある戦い方をします。グッと刺さるところ、白熱するところもあり、予想を裏切るような展開も多く、本当に総合的に面白い作品だと感じました。

 --キャラクターの印象や演じる中で意識していることは? 

 内田さん 伏黒は一見クールですが、迷いや人間的な部分があり、衝動、行動理念もあります。人間的なものは、周囲との関係で見えてきます。でも、表情を出しすぎない、見せすぎないところも大事なのかな?と思っています。

 日野さん 加茂は一見クールで知的、闇をまとっているようなタイプです。それに加えてちょっと天然なところもあったりします。戦い方も洗練されていて、状況の把握、戦術眼にたけている印象がありますね。

 --京都姉妹校交流会編では二人が激突します。戦いの見どころは?

 内田さん 今回のバトルは、お互い分析するせりふが多かったですね。

 日野さん 心理戦が多いね。

 内田さん そこが今までと違っていて難しい言葉も多くて。収録は大変でしたよね。

 日野さん そうだね(笑い)。雄馬が言ったように、お互い知的で分析や戦術眼にたけているので、心理戦が大切になっています。加茂は冷静沈着で自分に厳しく、秩序を大切にします。厳粛な一面、時折見せるダークな一面を意識しながら、演じていました。

 内田さん 加茂さんは格好いいです! 冷静で、背負っているものがあって、本当にズルい(笑い)。

 日野さん 楽しかったよね。キャラクターを通して雄馬と心理戦をするのが。

 内田さん 会話でぶつかるのが、楽しかったです! 

 日野さん 遠回しにとげを刺したりね。

 ◇内田雄馬はきっと努力の天才 日野聡の安心感

 --コロナ禍で大勢でのアフレコは難しいところもありますが、二人でアフレコできたのでしょうか?

 日野さん 二人でできました。心理戦でお互い次の一手を読み合って戦うので、呼吸感、せりふの間を大事にしていました。

 内田さん 流れが読めてよかったですね。日野さんと一緒に演じないと分からないところですし。呼吸感を感じることができると、全然違いますよね。

 日野さん ところどころ、フッと笑えるところもあるんですよ。心理戦の中でも気持ちを読み取れていないところもあったりして。

 内田さん 加茂さん、意外にちょっとボケが入るところがあるんですよね。

 日野さん 伏黒がそれをスマートにかわす。クスッと笑えるところです。

 ーー二人はこれまでも共演がありますが、お互いの役者としての印象は?

 内田さん そんな……。僕は語れないです。そんな立場じゃないです。

 日野さん 大丈夫だよ。面白おかしく言ってよ(笑い)。雄馬は一見、天才的な才能の持ち主に見えるかもしれないけど、僕は勝手に努力の天才だと思っています。見えないところで、ものすごく努力をして、研究して、自分の中にそれを蓄積している。活躍するべくして活躍している後輩声優の1人だと思います。

 内田さん いや、もう……。ありがとうございます。日野さんがそう見てくださっていることがうれしい限りです。日野さんがいるから、現場で安心できていて、安心できる現場は、作ろうと思って作れるものでもなく、日野さんが見てくださっていて、見られていることを意識しているので、気合が入ります。イヤな圧とかではなく、思いっきりやろう!となる。僕がこんなことを言うのも恐れ多いですが……。

 --最後にファンにメッセージをお願いします。

 内田さん 新しいキャラクターも増えて、今後の展開も面白くなっていきます! 引き続き、「呪術廻戦」を楽しみにしていただけたらうれしいです!

 日野さん 京都姉妹校交流会編は「呪術廻戦」の世界観がさらに広がる展開になっています。京都校のみんなも愛していただけるキャラクターたちですし、引き続き楽しみに見ていただければうれしいです。完成した映像を早く見たいです。放送が楽しみです。

写真を見る全 9 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

PHOTO

このページのトップへ戻る