監察医 朝顔:第14話 “朝顔”上野樹里が再び“平”時任三郎の元へ “桑原”風間俊介は復帰方法を模索

連続ドラマ「監察医 朝顔」第14話のワンシーン(C)フジテレビ
1 / 7
連続ドラマ「監察医 朝顔」第14話のワンシーン(C)フジテレビ

 女優の上野樹里さん主演のフジテレビ系“月9”ドラマ「監察医 朝顔」第2シーズン(月曜午後9時)第14話が2月15日に放送される。

 朝顔(上野さん)は、病院へ行くと約束しながら翌朝には忘れていた父の平(時任三郎さん)を心配し、もう一度きちんと話し合おうと決意する。そして、つぐみ(加藤柚凪ちゃん)を連れて、平が暮らす仙ノ浦を訪れる。

 一方、桑原(風間俊介さん)は、仕事と子育てに追われる朝顔を少しでも手助けしようと、休日のたびに長野から神奈川に戻っていた。神奈川県警に復帰する方法を模索する桑原だが、誰も話を聞いてもらえずにいた。事情を知った野毛山署強行犯係長の山倉(戸次重幸さん)は、個人的な相談と前置きして、桑原を戻すために、県警の人脈に当たってほしいと部下たちに頼む。

 原作は、マンガ誌「漫画サンデー」(実業之日本社、現在は休刊)で連載された作・香川まさひとさん、画・木村直巳さん、監修・佐藤喜宣さんの同名マンガ。設定をアレンジし、東日本大震災で母が行方不明となった法医学者の朝顔と、朝顔の父でベテラン刑事の平が、かたや解剖、かたや捜査で遺体の謎を解き明かす様を描くヒューマンドラマ。第2シーズンは2クールで描かれる。

写真を見る全 7 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る