キラメイジャー:Wヒロイン“完走”に「さみしさでいっぱい」 “キラメイにゃー”撮影秘話や劇場版見どころも 新條由芽&工藤美桜インタビュー

「魔進戦隊キラメイジャー」キラメイピンク/大治小夜役の工藤美桜さん(左)、キラメイグリーン/速見瀬奈役の新條由芽さん
1 / 25
「魔進戦隊キラメイジャー」キラメイピンク/大治小夜役の工藤美桜さん(左)、キラメイグリーン/速見瀬奈役の新條由芽さん

 特撮ドラマ「魔進戦隊キラメイジャー」(テレビ朝日系、日曜午前9時半)の劇場版「魔進戦隊キラメイジャー THE MOVIE ビー・バップ・ドリーム」が2月20日、公開された。テレビドラマ放送開始から約1年。世界を守る光り輝く戦士として、キラメイグリーン/速見瀬奈を演じてきた新條由芽さん、キラメイピンク/大治小夜を演じてきた工藤美桜さんに1年間走り抜けた感想やお互いの印象、今回の劇場版などについて話を聞いた。インタビュー完全版の動画はMAiDiGiTVで公開中。

 「魔進戦隊キラメイジャー」は、「宝石」と「乗り物」がモチーフで、不思議なパワーを秘めた美しい宝石キラメイストーンに戦士として選ばれたキラメイジャーが、人々から希望や輝きを奪おうとする闇の軍団と戦う姿を描く物語。

 劇場版は、眠りについた人々が夢から覚めないという事件が発生。夢の世界を共有できる宝石“ドリームストーン”を悪用したミンジョ(壇蜜さん)により、夢に閉じ込められてしまった人々、熱田充瑠(小宮璃央さん)や射水為朝(木原瑠生さん)、クリスタリア宝路(庄司浩平さん)、魔進ファイヤと魔進ショベローを救うべく、瀬奈(新條さん)、押切時雨(水石亜飛夢さん)、小夜(工藤さん)、マブシーナが夢の世界へと向かう……という内容。「騎士竜戦隊リュウソウジャー 特別編 メモリー・オブ・ソウルメイツ」と「機界戦隊ゼンカイジャー THE MOVIE 赤い戦い!オール戦隊大集会!!」との3本立てで公開。

 --「キラメイジャー」として1年間走り抜きました。

 新條さん:走り終えて感じるのは、今やっとさみしさが押し寄せてきたというか。終わった直後はやりきった、楽しかったという気持ちが強かったんですが、撮影終わって会う機会減ってきたのを実感して、こういう取材で「久しぶり」って(言うようになって)、「久しぶり」って使うことあるんだということを実感して、さみしさでいっぱいになっていますね。

 工藤さん:私も素直にさみしいという気持ちが大きいです。すごい撮影が楽しかったし、スタッフの皆さんが大好きだったので、そんな皆さんと離れちゃうのがすごいさみしかったです。けど、こうやってみんなで走り抜けたのはうれしいし、よかったなって思います。

 --それぞれのキャラクターを1年間演じた感想を教えてください。

 新條さん:瀬奈は明るくて元気、笑顔でパワフルみたいな女の子だったので、スタッフさんやキラメイジャーのみんなから「始めのころよりも明るくなった」とか言われる機会がすごく増えました。私は瀬奈と真逆のタイプで、インドアでおとなしいタイプだったので。1年間演じることによって瀬奈から良い影響をもらって、自分も瀬奈に近づけたというか、瀬奈と一緒に1年間成長できたなと感じています。

 工藤さん:私は最初、小夜はおしとやかで落ち着いていて6人の中でも精神的に大人な女性というのを“芯”に作っていたんですけど、だんだんと演じていく上で、いろいろな魅力が見えてきたなと。自分の好きなものに対して熱が入りすぎるとみんなに厳しくなったり、乙女な面があったりと、いろいろな面が出てきて。私も1年間演じて良い影響を受けてきて、私自身も芯が強くなれたんじゃないかな。元々小夜さんが私の理想の女性像だったので、そこに近づけるように、演じなくてもなれるように頑張ってきて、少し近づけたんじゃないかなと思っています。

 --一番大変だった撮影エピソードを教えてください。

 工藤さん&新條さん:満場一致(笑い)。

 工藤さん:「キラメイにゃー」(笑い)。

 新條さん:「キラメイにゃー」の“猫回”(エピソード41 ありのままでいたい)が、お互い大変だった撮影のベストワンだね(笑い)。 

 工藤さん:たくさんのスタッフさんがいる中で、猫になってカメラに向かって“にゃんにゃん”としないといけないかったので、その恥ずかしい気持ちを捨てるのに苦労しました。

 新條さん:ドライ(リハーサル)では30秒くらいの猫のシーンを撮る予定でしたが、30秒たってもカットかからなくて2分以上の長回しされて、それが結構精神にきました(笑い)。

 --それぞれ最初の印象から変わったところなどありますか。

 新條さん:結構変わりました。(以前)第一印象を答える企画があって、私は(工藤さんのことを)「大人っぽい」と書いたんですよ。私より実年齢下なんですが、本当に小夜姉の大人っぽさが出ていて、めっちゃすてきな人だなと思っていたんです。で、今、印象としては、小夜姉の大人っぽさとは違って、それこそみんなが言っているけど、どこか3ミリ浮いているようなフワフワした感じ(笑い)。実際の年下らしさもあって甘えてくれる場面も(あり)それはそれでうれしかったし。大人っぽさと違った可愛らしい(部分もある)というのが強くなったかな。

 工藤さん:うれしいー! 私は(新條さんのことを)最初おとなしそうな天使だなと思っていたんですけど、1年間やっていくうちに、すごい頼りになるお姉さんだなと。もちろん天使は天使で、私が甘えさせてもらったり、頼りっぱなしでいつも面倒見てくれるので、今はしっかりした頼りになる天使なお姉さんという感じです(笑い)。

 新條さん:うふふ(笑い)。すごい“もりもり”にしてくれたね(笑い)。

 --今回の映画の見どころを教えてください。

 新條さん:今回、夢の中の世界の話なので、夢に合った衣装を着ていたり、場面もコロコロ変わったりします。あと今回珍しく、瀬奈が小夜姉と時雨と行動を共にする、テレビ本編では1回もないような組み合わせがあったり、そういうのも映画ならではだと思います。そういうところを注目して見ていただければ。

 工藤さん:小夜的な見どころとして、(テレビ)本編では見られない衣装を着ていたり、本編で見れない戦い方をしていたりします。テレビではしてこなかったことを映画でしているので、どんな戦い方をしているのかというのを注目して見ていただきたいです。あと、映画ならではのスケールの大きい演出とか、そういうのも楽しんで見てください!

写真を見る全 25 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

PHOTO

このページのトップへ戻る