声優紅白サンライズ:声優陣が名曲熱唱 古谷徹が「めぐりあい」 草尾毅は「サムライハート」 田中真弓&伊倉一恵の「STEP」も

オンラインライブ「声優紅白サンライズ ONLINE LIVE」に出演した草尾毅さん(C)「声優紅白サンライズ ONLINE LIVE」実行委員会
1 / 17
オンラインライブ「声優紅白サンライズ ONLINE LIVE」に出演した草尾毅さん(C)「声優紅白サンライズ ONLINE LIVE」実行委員会

 声優が出演する音楽イベント「声優紅白サンライズ ONLINE LIVE」が、2月21日にオンライン開催された。音楽イベント「声優紅白歌合戦」と人気アニメ「ガンダム」シリーズなどで知られるアニメ制作会社・サンライズとのコラボイベントで、「ガンダム」シリーズや「シティーハンター」「コードギアス 反逆のルルーシュ」「魔神英雄伝ワタル」「鎧伝サムライトルーパー」といったアニメの映像に合わせて、声優陣が熱唱した。

 イベントは、2020年5月に開催予定だった「声優紅白歌合戦2020」が新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止となったため、オンラインライブ「声優紅白サンライズ ONLINE LIVE」として開催された。

 イベントのトップバッターを飾ったのは、「魔神英雄伝ワタル」から戦部ワタル役の田中真弓さん、虎王・翔龍子役の伊倉一恵さん。田中さんは、一番思い出に残っているシーンとして「やっぱり龍神丸が一番最初に変身するところで、龍神丸が『私は飛べない』っていうせりふが最高よね」と語り、伊倉さんは「濃いキャラクターがたくさんいたんだけど、ヒミコの身体能力がすごすぎるところとかもよかったわよね」と話した。二人はオープニングテーマ「STEP」を軽快なダンスを交え披露した。

 その後も「OVERMAN キングゲイナー」からゲイナー・サンガ役の野島裕史さん、「機動戦士ガンダムZZ」からジュドー・アーシタ役の矢尾一樹さん、「装甲騎兵ボトムズ」からキコリ・キュービィー役の郷田ほづみさん、「熱血最強ゴウザウラー」から峯崎挙一役の高乃麗さん、「伝説の勇者ダ・ガーン」から高杉星史役の松本梨香さん、「勇者王ガオガイガー」から獅子王凱役の檜山修之さんが登場し、名曲を披露した。

 「機動戦士ガンダム第08MS小隊」からは、アイナ・サハリン役の井上喜久子さんが「井上喜久子、17歳です」と“お約束”のあいさつで登場。井上さんは「ビームサーベルで雪山の雪を溶かして、露天風呂を作るシーンで、シローと温泉に入るシーンが好き。ガンダムで温泉だよ(笑い)! そこで初めてアイナは自分を解放したのかな」と振り返った。急きょシロー役の檜山さんも登壇し、当時の思い出を語り合う場面も。井上さんはオープニングテーマ「嵐の中で輝いて」を熱唱した。

 終盤には、「鎧伝サムライトルーパー」から、烈火のリョウ役の草尾毅さんが登場。同作の声優陣で「NG5」という声優ユニットを組んで一世を風靡(ふうび)したという話に対し、「NGをよく出す5人組っていうのではなく本当はナイスガイの5人組『N.G.FIVE』が正しいんです」というエピソードを明かした。オープニングテーマ「サムライハート」を力強く歌い上げた。

 大トリを飾ったのは、「ガンダム」シリーズのアムロ・レイ役の古谷徹さん。「機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙編」の主題歌「めぐりあい」を歌った。古谷さんは「25歳の時から42年ですか。今もコラボ商品とかCMとかで演じ続けているキャラクターなので、自分の分身であり完全にライフワークになっています。ガンダムは世界中で、老若男女好きな人がたくさんいてくれる。僕にとっては宝物ですね。あの作品があるから今の自分がいる」と語り、「ただ、アムロ・レイを演じることにおいては、今の自分は25歳の頃の自分にはかなわない」と思いを明かした。

 ほかにも「コードギアス 反逆のルルーシュ」からC.C.役のゆかなさん、「機動戦士ガンダムSEED」からラクス・クライン役の田中理恵さん、「新世紀GPXサイバーフォーミュラ」から風見ハヤト役の金丸淳一さんとブリード加賀役の関俊彦さん、「新機動戦記ガンダムW」からカトル・ラバーバ・ウィナー役の折笠愛さん、「蒼き流星SPTレイズナー」からアルバトロ・ナル・エイジ・アスカ役の井上和彦さんらが出演した。

写真を見る全 17 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る