荒木飛羽:「あな番」「青のSP」の“絶世の美少年”が15歳で初写真集 そり遊び、浴衣姿も 

荒木飛羽さんの写真集「15」の収録カット
1 / 3
荒木飛羽さんの写真集「15」の収録カット

 2019年放送の連続ドラマ「あなたの番です」(日本テレビ系)の“謎の少年”榎本総一役で話題を呼び、放送中の連続ドラマ「青のSP(スクールポリス)-学校内警察・嶋田隆平-」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)にも生徒の大林優也役で出演している荒木飛羽(とわ)さんの初写真集「15」(東京ニュース通信社)が3月30日に発売されることが分かった。

 荒木さんは2005年9月28日生まれの15歳。連続ドラマ「好きな人がいること」(フジテレビ系)、NHKの大河ドラマ「西郷どん」、NHK連続テレビ小説「半分、青い。」などに出演。4月と6月に公開の映画「るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning」に出演することも発表されている。俳優の山崎賢人さんや新田真剣佑さん扮(ふん)する役の幼少期などを演じ、“絶世の美少年”と呼ばれている。

 写真集のテーマは「春夏秋冬」。桜の木の下で撮影されたカット、浴衣姿でスイカを食べている姿、山でハイキングをしている様子、冬にそり遊びをしている姿など、荒木さんが四季を満喫する姿が収められている。荒木さんが回答した100問100答も収録されている。

 荒木さんは「写真集を出させていただくというのはとても不思議な感じで、いまだに実感が湧きません。撮影を楽しむ自然な僕が写っているので、ぜひ皆さんに見ていただきたいです!!」とコメントを寄せた。

写真を見る全 3 枚

芸能 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る