吉沢亮&北村匠海:舞台「マーキュリー・ファー」で共演 過激な表現、挑発的なせりふが繰り出される“衝撃作”

(左から)舞台「マーキュリー・ファー」演出の白井晃さんと、出演する吉沢亮さん、北村匠海さん
1 / 1
(左から)舞台「マーキュリー・ファー」演出の白井晃さんと、出演する吉沢亮さん、北村匠海さん

 俳優の吉沢亮さんと北村匠海さんが、2022年1~3月に上演される舞台「マーキュリー・ファー」で共演することが2月27日、分かった。本作はイギリスの劇作家、フィリップ・リドリーさんが2005年に書き下ろし、日本では2015年に白井晃さんの演出によって上演された作品。今回は約7年ぶりの再演となる。

 「マーキュリー・ファー」は過激な表現、挑発的なせりふが次々と繰り出される作風で、極限状態に置かれた人間の残酷さを描いた作品。初演時には、観客に大きな衝撃を与えたと評されている。

 ボロボロの部屋にエリオット(吉沢さん)とダレン(北村さん)の兄弟がやってくる。2人は急いでパーティーの準備にとりかかる。そこに青年が偶然顔を出し、「バタフライ」がほしいので手伝うと言う。しばらくするとローラと呼ばれる美しい人物と、パーティーの首謀者らしき男が謎の婦人を連れてやってくる。彼らの関係は、会話の中で語られるバタフライの秘密とは……という展開。

 舞台は世田谷パブリックシアター(東京都世田谷区)で上演されるほか、長野県、新潟県、兵庫県、愛知県などのツアー公演も予定している。

芸能 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る