監察医 朝顔:第16話視聴率11.1% “浩之”柄本明の容体急変 「青のSP」“三枝”山田裕貴がサプライズ登場

連続ドラマ「監察医 朝顔」第16話のワンシーン(C)フジテレビ
1 / 1
連続ドラマ「監察医 朝顔」第16話のワンシーン(C)フジテレビ

 女優の上野樹里さん主演のフジテレビ系“月9”ドラマ「監察医 朝顔」第2シーズン(月曜午後9時)第16話が3月1日に放送され、平均視聴率(世帯)は11.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した。

 原作は、マンガ誌「漫画サンデー」(実業之日本社、現在は休刊)で連載された作・香川まさひとさん、画・木村直巳さん、監修・佐藤喜宣さんの同名マンガ。設定をアレンジし、東日本大震災で母が行方不明となった法医学者の朝顔と、朝顔の父でベテラン刑事の平(たいら、時任三郎さん)がかたや解剖、かたや捜査で遺体の謎を解き明かす様を描くヒューマンドラマ。第2シーズンは2クールで描かれる。

 第16話では、山田裕貴さんが、放送中の連続ドラマ「青のSP(スクールポリス)-学校内警察・嶋田隆平-」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)で演じている生活安全課少年係の刑事・三枝弘樹役でサプライズ登場し、両ドラマのコラボが実現した。また、ジャニーズJr.内のグループ「HiHi Jets」の井上瑞稀さん扮(ふん)する神奈川県警の新人鑑識官・姫宮龍司が登場した。

 朝顔は、入院中だった祖父・浩之(柄本明さん)の容体が悪化したと聞き、岩手の病院へ向かう。一方、神奈川県警に復帰した桑原(風間俊介さん)は、警察内で三枝に声を掛けられ、紹介したい人がいると言われる。その人物は、以前、マンホールを盗んで逮捕された今野(上島竜兵さん)で、桑原に、未解決のままになっている三田村一家殺人事件の犯人の似顔絵と「よく似た男を見た」と告げる。その矢先、事件当時のまま保存されていた三田村家で、50歳前後の男性の遺体が発見される……という展開だった。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る