君と世界が終わる日に:“首藤”滝藤賢一に反響「ゴーレムより怖い」 冷凍保存装置の中身は? SNSで“仮説”飛び交う

連続ドラマ「君と世界が終わる日に」第7話のワンシーン=日本テレビ提供
1 / 1
連続ドラマ「君と世界が終わる日に」第7話のワンシーン=日本テレビ提供

 俳優の竹内涼真さん主演の連続ドラマ「君と世界が終わる日に」(日本テレビ系、日曜午後10時半)第7話が、2月28日に放送された。劇中には、滝藤賢一さん演じる研究者・首藤が大声を上げながら取り乱したり、顔を血まみれにしながら笑うシーンが登場し、視聴者の間では「首藤教授の狂気が……」「尋常じゃない」「ゴーレムより怖い」と反響が広がった。

 ◇以下、ネタバレがあります

 ドラマは、“生ける屍(しかばね)=ゴーレム”が出現した終末世界を舞台に描くサバイバルラブストーリー。第7話では、ゴーレムに噛(か)まれたミンジュン(キム・ジェヒョンさん)を救うべく、ワクチンを求めて響(竹内さん)が首藤の右腕・ジアン(玄理さん)に投降。ミンジュンの姉でもあるジアンは、実は響を手助けしようとしていた。

 ジアンに連れられ駐屯地内の研究室を訪れた響は、ワクチンの保管場所とされる冷凍保存装置を開けようと、力ずくで電源を破壊。しかし、冷凍保存装置の中にワクチンはなく、ジアンも衝撃を受ける。そして、電源が破壊されたことで鳴ったアラートにより、首藤が研究室に駆け付ける。首藤は温度が上昇する装置を見て、これまでにないほど取り乱す……と展開した。

 また、冷凍保存装置の中には、ワクチンではなくある謎の物体が入っていた。首藤が必死に装置の機能回復をはかっていたことから、SNSでは装置の中身について「あの発狂ぶりを見るに、首藤の亡くなった奥さんかな」と“首藤教授の妻説”が浮上。「首藤は奥さんを生き返らせようとしてただけで、ワクチンなんて作ってなかったのか?」「奥さんを蘇生させるために人体実験をしてゴーレムウイルスを作ったのか」といった声が上がっている。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る