無職転生:第9話「邂逅」 “ヒトガミ”の姿 魔大陸の荒野でスペルド族!?

テレビアニメ「無職転生 ~異世界行ったら本気だす~」の第9話「邂逅」の一場面(C)理不尽な孫の手/MFブックス/「無職転生」製作委員会
1 / 6
テレビアニメ「無職転生 ~異世界行ったら本気だす~」の第9話「邂逅」の一場面(C)理不尽な孫の手/MFブックス/「無職転生」製作委員会

 小説投稿サイト「小説家になろう」で人気のライトノベルが原作のテレビアニメ「無職転生 ~異世界行ったら本気だす~」の第9話「邂逅」が3月7日深夜にTOKYO MX、BS11ほかで放送される。

 謎の光に包まれたルーデウスの前に、神を自称する存在“ヒトガミ”が姿を見せる。次にルーデウスが目覚めると、魔大陸の荒野だった。そこには一人の男の姿があった。その男は、かつてロキシーから「絶対に近づかないように」と教えられたスペルド族の特徴である緑色の髪と額に宝石のような石が付いていた。

 「無職転生」は、34歳無職の男性が家を追い出され、トラックにひかれて死んでしまうが、剣と魔法の異世界で生まれ変わり、前世での知能と後悔を生かし、新たな人生が動き始める……というストーリー。MFブックス(KADOKAWA)で書籍化され、コミカライズもされている。

写真を見る全 6 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る