乃木坂46山下美月:「あざと連ドラ完全版上映会」TELASAで独占配信 撮影秘話に特別なエンドロールも

TELASAで独占配信がスタートした「あざと連ドラ完全版上映会」(C)テレビ朝日
1 / 17
TELASAで独占配信がスタートした「あざと連ドラ完全版上映会」(C)テレビ朝日

 3月6日放送のバラエティー番組「あざとくて何が悪いの?」(テレビ朝日系、土曜午後9時55分)で最終回を迎えた、アイドルグループ「乃木坂46」の山下美月さんと、バンド「インナージャーニー」のKaitoさんがダブル主演する連続ドラマ企画が、動画配信サービス「TELASA(テラサ)」で特別編として独占配信がスタートした。「あざと連ドラ完全版上映会」と題して、主演の山下さん、乃木坂46の秋元真夏さん、ヒップホップユニット「Creepy Nuts」のDJ松永さん、ラップユニット「chelmico(チェルミコ)」、お笑いコンビ「平成ノブシコブシ」の吉村崇さんが出演し、全員でドラマを鑑賞しながら、言いたい放題語り合うほか、山下さんがアドリブ演技についてなど撮影秘話を明かす。

 連ドラ企画は「あざとい女性は幸せになれるのか?」がテーマ。大学を舞台に、周囲から「あざとカワイイ」と評判のサッカーサークルのマドンナ・さくら(山下さん)が、“あざとい”が通用しないミステリアスな後輩・ツバサ(Kaitoさん)の出現で、あざカワと飾らない自分の間で葛藤する姿が描かれた。

 「あざと連ドラ完全版上映会」では、出演者たちがドラマを見ながら突っ込みを入れたり、ダークホースのキャラクターにエールを送ったりと、自由なスタジオトークが展開される。また、「完全版上映会」限定のエンドロールが2パターン存在。NG集とオフショットをまとめたものと、山下さんが逆オファーから番組出演し、連ドラ企画の主演にまで至った歴史を振り返る「山下美月限定特別編」がある。

 山下さんは「ここまで視聴者の皆さんの熱が盛り上がって、『完全版上映会』という企画まで実現していただけるとは思ってもいなくて……! 本当に見てくださった皆さんのおかげだなぁと今日改めて思いました」とコメント。「収録では皆さんのお話を聞きながら、誰かと一緒に見ながら、いろいろ意見を言い合いたくなるドラマだな、と思いました(笑い)。特に、『女性のあざとさがあまり分からない』というDJ松永さんの言葉は一つ一つ刺さるというか……、目線が新鮮で面白かったです(笑い)。吉村さんみたいなイケイケな方のコメントにも『なるほど! 意外!』と驚きや新発見がありました」と話した。

 グループの先輩の秋元さんが出演したことについては、「乃木坂のキャプテンがわざわざスタジオに来てくださるなんて……ありがたかったです! 真夏さんはグループ内でも、“あざとい”という言葉を最初に使い始めた先輩。真夏さんがいらっしゃるからこそ、私もグループで“あざとい”を全うできるんです。しかも、真夏さんはただ“あざとい”だけじゃなくて、いろいろ考えながら動いてらっしゃる方だから、いろんな意味でステキな“あざとい”だなって思います」と述べている。

写真を見る全 17 枚

アイドル 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る