監察医 朝顔:第17話 朝顔・上野樹里らがついに母と“再会” 岡崎紗絵がシングルマザー役でゲスト出演

連続ドラマ「監察医 朝顔」第17話のワンシーン(C)フジテレビ
1 / 7
連続ドラマ「監察医 朝顔」第17話のワンシーン(C)フジテレビ

 女優の上野樹里さん主演のフジテレビ系“月9”ドラマ「監察医 朝顔」第2シーズン(月曜午後9時)第17話が3月8日に放送される。モデルで女優の岡崎紗絵さんが、生後8カ月の赤ちゃんを亡くしたシングルマザーの田崎直子役でゲスト出演する。

 朝顔(上野さん)は、バレンタインデーに保育園の男の子にチョコを渡したいという、つぐみ(加藤柚凪ちゃん)のチョコクッキー作りを手伝う。それを知った桑原(風間俊介さん)は「まだ早すぎる」と怒り、平(時任三郎さん)をあきれさせる。テレビでは、震災以降、月命日のたびに捜索活動を行ってきた宮城県警と地元消防団の活動を伝えるニュースが流れていた。

 そんな中、興雲大学法医学教室に生後8カ月の赤ちゃんの解剖依頼が入る。母親の直子(岡崎さん)は、食事の支度で目を離したわずかの間に娘の意識がなくなっており、すぐに救急搬送したが間に合わなかったと説明する。

 朝顔らの解剖の結果、死因は気管にプラスチック製のおもちゃが詰まったことによる窒息死と判明する。しかし、直子の様子がどこかおかしいと感じていた野毛山署強行犯係の忍(ともさかりえさん)らは、朝顔に虐待の可能性はないかと尋ねる。朝顔らも、娘の死を悲しむそぶりを見せない直子に困惑する……。

 予告映像では、「ついに母との再会」という文字とともに、朝顔が平に「落ち着いて聞いてね。青森でお母さんの骨が見つかったって」と告げるシーンや、朝顔と平が遺骨を受け取る姿が収められている。

 原作は、マンガ誌「漫画サンデー」(実業之日本社、現在は休刊)で連載された作・香川まさひとさん、画・木村直巳さん、監修・佐藤喜宣さんの同名マンガ。設定をアレンジし、東日本大震災で母・里子(石田ひかりさん)が行方不明となった法医学者の朝顔と、朝顔の父でベテラン刑事の平が、かたや解剖、かたや捜査で遺体の謎を解き明かす様を描くヒューマンドラマ。第2シーズンは2クールで描かれる。

写真を見る全 7 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る