ちちんぷいぷい:2代目MC西靖アナ 実は、角淳一さんの“緩衝材”代わりで抜てき 丸坊主企画の裏話も明かす

「ちちんぷいぷい」に出演する西靖アナウンサー(2014年4月撮影)=MBS提供
1 / 8
「ちちんぷいぷい」に出演する西靖アナウンサー(2014年4月撮影)=MBS提供

 1999年10月の放送開始以来、21年に渡って親しまれてきたが、2021年3月12日をもって終了することになった、MBSの長寿ローカル番組「ちちんぷいぷい」。時にはMCとして、時にはレポーターとして番組を盛り上げてきた名物局アナたちに、印象に残った企画や裏話、番組に対する思いなどを聞いてきた。第2回目は、2006年~2016年に2代目MCを務め、現在は「Newsミント!」(月~金曜の午後4時30分から)のキャスターを務めている西靖アナウンサーだ。

 西アナは、放送開始から1カ月後に火曜日のレギュラーとなるが、その役割はアシスタントというより、初代MC・角淳一さんの“緩衝材”代わりだったという。

 「火曜日は、ゲストのツッコミがキツくてしんどかったらしく、プロデューサーに『何もせんでええから、スタジオに座っといてくれへん?』と言われました。角さんの言うことに『そうですね!』と相づちを打ったり、毒舌の何割かがこっちに回るだけで、だいぶマシになったと話してました」と、あまり他の番組では考えられない役回りを通じて、その雰囲気になじんでいった。

 2006年からは、角さんに代わってMCを任される曜日が少しずつ増え、2011~2014年には、すべての曜日のMCを担当。この期間は「角さんの着丈に合わせた番組なので、なかなかうまく引き継げなかった」と試行錯誤しながらも、逆にその迷いが楽しくもあったという。

 「角さんがすごいのは、番組で扱った事件や社会現象について『全然わからへん!』と言ってのけるという、それまでになかった司会者像を作ったこと。だけど僕は……よく関西の人って『真面目か!』って言うじゃないですか?(岡山県出身の)僕はそれに対して『真面目や!』って答える人間ですから(笑い)、わからないままMCのテーブルにつくのはすごく怖いし、ツッコミにもなかなかうまく対応できない。でも番組の空気感みたいなものは、ほかの人より色濃く受け継げている手応えはあったので、迷いながらもやりがいや楽しさはありました」と振り返った。

 MCになってから、番組を代表して著名人をインタビューする機会も増え、中には「西さんなら取材を受ける」という歌舞伎俳優・市川海老蔵さんのように、全幅の信頼を寄せる人も。特に黒柳徹子さんの言葉は、報道番組の司会に移った現在の活動に、知らぬ間に反映されていたそうだ。

 「やっぱり『徹子の部屋』の人だから、インタビューの極意を聞いた時に『相手を困らせるのではなく気持ちよくして、言いたいことをしゃべらせてあげるのが大切よ』とおっしゃったんです。『Newsミント!』では、よく研究者の方とかに取材するんですけど、こっちがほしい答えを言わせようとするんじゃなく、相手のドレスコードに従った表現でしゃべれる質問を心がけています。その結果『話しやすかったです』とおっしゃっていただいたりするので、それは徹子さんの教えが生きているのかもしれない……と、今気づきました(笑い)」と語った。

 そして「番組が最後を迎えた今だから言えることは?」という、少し意地悪な質問を振ると、2010年に罰ゲームとして丸坊主になった企画について「実は最初から、負けたいと思ってました」と告白。

 「その頃僕は、頭髪が少なくなってきていたけど、周りに『絶対そこには触れるな!』という空気を出してました。でもそれに疲れ果てて、密かに『いっそ丸刈りにしたい』と思ってたんです(笑い)。実際丸刈りにしてからは、髪の毛をイジられることはどうでもよくなりましたね。ただ一人だけ『自分から坊主にしに行ったでしょ?』と見抜いた人がいて、それがロザンの菅(広文)ちゃん(笑い)。そういう鋭いこと言うの、止めてほしかったわー! と、今でも思ってます」と明かしてくれた。

 今は番組を少し離れたところから見る立場になったが、「ちちんぷいぷい」は「おばあちゃんの家のような場所」だという。

 「居心地はいいけど、自宅のように100%くつろげる空間とは、やっぱり違う。知らない人が出入りするし、自分の家とはちょっと異なる流儀があったりして。おばあちゃん家ぐらいの、距離感と緊張感とくつろぎ感のある場所でした」と語った。

 そして最後にメッセージを送ってくれた。

 「フィナーレウィークには僕も出演して、世界一周やオリンピック取材でいろんな所に行ったことが紹介されると思います。今は『皆さんのおばあちゃん家をなくしちゃってごめんね』という気持ちです。もはや『ぷいぷい』は僕らのものではなく、皆さんのものだと思っていたので。でも次に始まる番組も、おばあちゃん家のような温かさと気持ちよさを伝えられる番組になると思いますので、ぜひ期待してください」

 「ちちんぷいぷい」は、月~金曜の午後1時55分からオンエア。5日で通常の番組を終了し、最後の週となる8~12日は「フィナーレウィーク」と銘打った、特別編を4時間にわたって生放送する(11日のみ2時間)。

写真を見る全 8 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る