坂本真綾:「七つの大罪」最終章は「胸熱な展開!」 マーリン役の難しさ 無敵なムードを醸し出すには?

「七つの大罪 憤怒の審判」でマーリンを演じる坂本真綾さん
1 / 1
「七つの大罪 憤怒の審判」でマーリンを演じる坂本真綾さん

 テレビアニメ「七つの大罪」の最終章「七つの大罪 憤怒の審判」がテレビ東京系で毎週水曜午後5時55分、BSテレ東で毎週水曜深夜0時半に放送されている。原作は「週刊少年マガジン」(講談社)で2012~2020年に連載された鈴木央(なかば)さんの人気マンガ。マーリン役の坂本真綾さんは同作の魅力を「知れば知るほどどんどん引き込まれます」と語る。坂本さんに、作品、キャラクターへの思いを聞いた。

 ◇知れば知るほどどんどん引き込まれる魅力

 --ここまで「七つの大罪」に出演して感じていること、作品やキャラクターの魅力を教えてください。

 登場するキャラクターの数がとても多いですが、それぞれ懸命に生きている姿が魅力的です。私の演じているマーリンも物語が進むにつれさまざまな面を見せてくれるようになったので、知れば知るほどどんどん引き込まれます。

 --演じる中で意識していることは?

 マーリンは私にとってはいつまでも慣れることのできない、難しい役です。知識が豊富で全てを理解していて、どんな時も動じない、そしてとにかく強い。マーリンの無敵なムードを醸し出すにはどうしたらいいかと、いつも思っています。

 --シリーズを通して、長きにわたって演じる中で変化はありましたか?

 マーリンは、最初の頃よりも出番が多くなっていますね。特に最近は幼い姿のマーリンも登場したので、二役演じているような面白さがあります。

 ◇声優陣の結束力を生かしながらアフレコ

 --「七つの大罪」の声優陣のチームワークはいかがですか?

 コロナ禍で、今は全員で集まって収録することができませんが、そんな時だからこそこれまで培ってきた結束力を生かしながら頑張っています。「七つの大罪」のメンバーはみんな明るくて、いつも元気なので、会えると本当にエネルギーをもらえます。

 --最終章の見どころを教えてください。

 <七つの大罪>メンバーの強い絆が感じられる、胸熱な展開! クライマックスが何度も訪れるような、目が離せない最終章です。お楽しみください。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る