にじいろカルテ:最終話 伏せる“真空”高畑充希 仲間と挑む最後のオペ、別れはいつも突然だから

連続ドラマ「にじいろカルテ」最終話の一場面=テレビ朝日提供
1 / 3
連続ドラマ「にじいろカルテ」最終話の一場面=テレビ朝日提供

 女優の高畑充希さん主演の連続ドラマ「にじいろカルテ」(テレビ朝日系、木曜午後9時)最終話が3月18日に放送される。予告映像には「仲間と挑む最後のオペ」「別れはいつも、突然だから」と流れ、苦しそうに伏せる真空(高畑さん)の姿が映し出されている。

 最終話では、虹ノ村に新たな住人として謎の男(柄本時生さん)がやって来る。そんな中、虹ノ村の面々は「のど自慢大会」の準備の話題で大盛り上がり。ほほ笑ましく聞いていた真空だが、嵐(水野美紀さん)から「真空ちゃんの分も申し込んでおいたよ」と突如言われ、あっけにとられる。真空、朔(井浦新さん)、太陽(北村匠海さん)の3人で虹ノ村診療所チームとして申し込み済みだということに、驚きつつもうれしい真空だが、時おり感じる手のしびれに、一抹の不安を感じ始める。

 翌日、診療所にもがき苦しむ藤田がやって来る。「足が痛い」とうめくものの、原因が分からず首をかしげる朔。そこへ続々と虹ノ村の住人たちが、さまざまな体の不調を訴えてやって来る。突然嵐のように忙しくなった診療所で、真空、朔、太陽は見事なコンビネーションで次々に患者を救っていく。「私たち、最強の3人だよね」と改めて最高の仲間であることを噛みしめる真空たち。そんなある晩、3人が笑いながら食卓を囲んでいると、突然真空の表情が一変。そのまま床に倒れ込んでしまう……。

 ドラマは、NHK連続テレビ小説(朝ドラ)「ひよっこ」、「この世界の片隅に」(TBS系)などを手がけた脚本家・岡田惠和(よしかず)さんのオリジナル作品。東京から山奥の小さな村へやって来た内科医・真空が、ユニークな男性外科医・朔と看護師・太陽の2人と共同生活を送りながら、個性豊かな村人たちと出会い、成長していく姿を描く。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る