清原果耶:完成作のカラオケシーンに絶句 「こんなに使うの!?」

映画「まともじゃないのは君も一緒」の公開記念舞台あいさつに登場した清原果耶さん
1 / 10
映画「まともじゃないのは君も一緒」の公開記念舞台あいさつに登場した清原果耶さん

 女優の清原果耶さんが3月20日、東京都内で行われた映画「まともじゃないのは君も一緒」(前田弘二監督)の公開記念舞台あいさつに登場。劇中で、恋愛経験ゼロの香住役を演じている清原さんは、カラオケボックスで歌うシーンに触れられると「初めて完成した作品を見たとき、(そのシーンを)『こんなに使うの!?』って本気で思って……『長っ、絶句……』ぐらいに思った」と当時の驚きを表現して笑いを誘った。

 カラオケでは前田監督の選曲でPUFFYの曲を歌ったといい、「やっている最中は『こんなに使わないだろう、すぐに芝居に移るんだろうな』と思っていたので、のんきにカラオケを楽しんでいました」と笑いながら振り返っていた。

 この日は、数学一筋でコミュニケーション能力ゼロの大野を演じた成田凌さんも出席。成田さんは、清原さんとの共演について聞かれると「楽しかったですね。前々から『すごい人がいるぞ』といううわさは聞いていたんですけど、案の定でした。ワンシーン目で『良かった、大野が生きている』と実感することができたのは、清原さんのおかげです」と絶賛。清原さんも「成田さんがものすごく柔軟に合わせてくださる方で。私は爆発しまくっているような役だったので、『大丈夫かな、大丈夫かな』と思って演じていたけど、成田さんがどんと構えてくださっていたので、楽しく撮影できました」と成田さんへの信頼を語っていた。

 舞台あいさつには泉里香さん、前田監督も出席。新生活を迎えるシーズンにちなみ、登壇者に「今年やりたいこと」を聞く企画も行われ、清原さんは「世間が落ち着いたら旅行に行きたいと、ずっと昨年から考えていて……どこに行こうか、毎日旅行サイトを見て調べています」と照れ笑い。成田さんは「格闘技」、泉さんは「家庭菜園」とそれぞれ抱負を明かしていた。
 
 映画は高田亮さんが脚本を手がけるオリジナルストーリー。ずっと大好きな数学の世界で生きてきた予備校講師の大野(成田さん)は独身、彼女なしだが“普通”に結婚したいと思っている。しかし“普通”が何か分からず、デートをしてもピントがずれている。教え子の香住(清原さん)は、そんな大野を「普通じゃない」と指摘する唯一の存在。ある日、大野は香住に「どうしたら普通になれる? 普通を教えてほしい」と頼み込むが……というストーリー。

写真を見る全 10 枚

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る