米津玄師:“恋愛ドラマ”に初提供 北川景子主演TBS「リコカツ」主題歌書き下ろし

4月スタートの連続ドラマ「リコカツ」で主題歌を担当する米津玄師さん
1 / 1
4月スタートの連続ドラマ「リコカツ」で主題歌を担当する米津玄師さん

 シンガー・ソングライターの米津玄師さんが、女優の北川景子さん主演で4月スタートの連続ドラマ「リコカツ」(TBS系、金曜午後10時)の主題歌を担当することが3月25日、分かった。主題歌は書き下ろしの新曲「Pale Blue」。

 ドラマは、北川さん演じる主人公が、離婚に向けて活動する姿を描くラブストーリーで、米津さんがラブストーリードラマに楽曲を提供するのは初めて。米津さんがTBS系のドラマの主題歌を担当するのは、「アンナチュラル」(2018年)、「ノーサイド・ゲーム」(2019年)、「MIU404」(2020年)に続き、4回目となる。

 米津さんは「主題歌を担当させていただきました。『Pale Blue』という曲です。離婚から始まる恋というコンセプトの中で、久しぶりにラブソングを作りました。どういうふうに響いていくのか、今からドラマの放送が楽しみです。よろしくお願いします」とコメントを寄せた。

 「リコカツ」は、「ギルティ~この恋は罪ですか?~」(読売テレビ・日本テレビ系)などで脚本を担当した泉澤陽子さんのオリジナル作品。自由奔放な妻・咲(北川さん)と生真面目な夫・紘一(永山瑛太さん)が、周囲に離婚の話を切り出せずにいる中、水面下で離婚に向けた活動“リコカツ”を進めていく姿を描く。

芸能 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る