俺の家の話:最終回 “寿一”長瀬智也が「隅田川」の稽古に励む 俺の家の最後の話

連続ドラマ「俺の家の話」最終回のワンシーン(C)TBS
1 / 1
連続ドラマ「俺の家の話」最終回のワンシーン(C)TBS

 人気グループ「TOKIO」の長瀬智也さん主演の連続ドラマ「俺の家の話」(TBS系、金曜午後10時)最終回「最後に皆さん、家族を大切に!ぜあ!」が3月26日に15分拡大で放送される。

 「俺の家の最後の話-忘れないで!家族の時間-」。グループホームを抜け出し観山家にやってきた寿三郎(西田敏行さん)が3度目の脳梗塞(こうそく)で危篤に……。多くの門弟や家族に囲まれ、最期の時を迎えようとしていた寿三郎の前に、今まで正体を隠してきた寿一(長瀬さん)がスーパー世阿弥マシンとして登場。「肝っ玉! しこたま! さんたま!」の掛け声で、寿三郎は奇跡的に一命を取り留める。寿一は新春能楽会で舞う予定の「隅田川」の稽古(けいこ)に励んで……。

 宮藤官九郎さんの脚本。現役プロレスラーの観山寿一と謎の女性介護ヘルパー・さくら(戸田恵梨香さん)が、能楽の人間国宝で主人公の父・観山寿三郎の介護と遺産相続を巡り激しくバトルする物語。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る