池田エライザ:仕事終わりは「病的に早く帰りたい」 大泉洋に生謝罪

映画「騙し絵の牙」の公開前夜祭に登壇した池田エライザさん
1 / 6
映画「騙し絵の牙」の公開前夜祭に登壇した池田エライザさん

 モデルで女優の池田エライザさんが3月25日、東京都内で行われた映画「騙(だま)し絵の牙」(吉田大八監督、3月26日公開)の公開前夜祭に登壇。キャラクターが“クセ者”ぞろいの今作にちなんで、自身の“クセ”が強いと思うところを尋ねられた池田さんは、「(私は)仕事が終わって帰るまでが早いのですが、最近では行きの車の中で帰りの算段を立ててしまっているんです」といい、「現場の皆さんは大好きなんですけど、病的に帰りたくて。最後のワンシーンとかはものすごく帰りたいんですよ!」と明かした。

 主演の大泉洋さんに、「じゃあ、俺のクランクアップコメントとかも早く終われやとか思って聞いていたの?」と突っ込まれると、「抑えきれない気持ちなんで……すみません」と苦笑いして、大泉さんをあぜんとさせていた。

 「騙し絵の牙」は、大泉さんを主人公にあて書きした塩田武士さんの同名小説(KADOKAWA)が原作。崖っぷちの出版社を舞台にした“仁義なきだまし合いバトル”が描かれる。大手出版社・薫風社では社長が急逝し、次期社長を巡る権力争いが勃発。専務の東松(佐藤さん)が大改革を進め、廃刊危機のカルチャー誌「トリニティ」の編集長・速水(大泉さん)も窮地に立たされる。一見頼りない速水は、笑顔の裏にとんでもない“牙”を秘めていた……というストーリー。

写真を見る全 6 枚

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る