ずん・飯尾和樹:「着飾る恋には理由があって」で川口春奈の上司役 「『アンナチュラル』からお世話になってる」

連続ドラマ「着飾る恋には理由があって」に出演する飯尾和樹さん(左)と赤ペン瀧川さん(C)TBS
1 / 2
連続ドラマ「着飾る恋には理由があって」に出演する飯尾和樹さん(左)と赤ペン瀧川さん(C)TBS

 女優の川口春奈さん主演で4月スタートの連続ドラマ「着飾る恋には理由があって」(TBS系、火曜午後10時)に、お笑いコンビ「ずん」の飯尾和樹さんと、映画プレゼンターの赤ペン瀧川さんが出演することが3月31日、分かった。飯尾さんは、川口さん扮(ふん)する主人公・真柴くるみが働くインテリアメーカーの広報課の課長・松下宏太郎、瀧川さんは、同会社の敏腕副社長・細貝雄一をそれぞれ演じる。

 ドラマは、価値観の異なる人々が一つ屋根の下で恋を繰り広げる“うちキュン”ラブストーリー。きれいに着飾ることで自分の居場所を得ていたヒロインが、価値観の異なる人々と暮らしながら、恋をしたり、友情を深めたりする中で、よろいを脱ぎ捨て、自分らしく生きる姿を描く。脚本を金子ありささんが担当するほか、新井順子プロデューサー、塚原あゆ子監督が参加する。

 飯尾さんは、新井プロデューサー、塚原監督が手掛けた2018年1月期の連続ドラマ「アンナチュラル」にも出演。「『アンナチュラル』からお世話になってるスタッフさんたちで、自分の出来栄えは別として楽しかったので、即答で『ぺっこり深々88度、お願いします』でした」といい、「本作の個性豊かな人たちはルームシェアという土台から四季折々、どんな芽や花を咲かせるのか、皆さんも楽しみにしてください。あっ! 自分は真柴くるみさんの勤務先の上司役です」とアピール。

 瀧川さんは「普段の赤ペン瀧川のノリを封印し、俳優として参加するので、赤ペン瀧川だと気が付かない方も多いと思います。そこで、俳優時に使っていた本名の『瀧川英次』ではなく『赤ペン瀧川』として参加することにしました」と語っている。

写真を見る全 2 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る