ふたりっ子:少女時代のマナカナも 大石静脚本の1996年朝ドラ BS12で無料放送

4月5日からBS12トゥエルビで無料放送される朝ドラ「ふたりっ子」のワンシーン (C)NHK
1 / 4
4月5日からBS12トゥエルビで無料放送される朝ドラ「ふたりっ子」のワンシーン (C)NHK

 1996~97年に放送されたNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「ふたりっ子」が、4月5日からBS12トゥエルビで無料放送されることが分かった。毎週月曜午後7時から6話連続放送される。

 「ふたりっ子」は、岩崎ひろみさん、菊池麻衣子さん主演の1996年度後期の朝ドラ。1966(昭和41)年、大阪・通天閣に近い商店街に生まれた双子の姉妹・野田麗子(菊池さん)と香子(岩崎さん)の物語で、大石静さんが脚本を担当した。

 本当の幸せを求めて悩む優等生の麗子、落ちこぼれだったが将棋の才能を認められ、ライバルの森山史郎(内野聖陽さん)に敗北したことをきっかけにプロ棋士を目指す香子。悩みながら、自分の道を見つけ成長していく、対照的な姉妹の姿を描いた。

 ヒロインの少女時代を三倉茉奈さん、佳奈さん姉妹が演じたことも話題となった。

写真を見る全 4 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る