おはよう朝日です:入社5日目の新人・鷲尾千尋アナ アシスタントに異例の抜てき 「全身震えました」

ABCの情報番組「おはよう朝日です」の前半アシスタントに就任した鷲尾千尋アナ
1 / 9
ABCの情報番組「おはよう朝日です」の前半アシスタントに就任した鷲尾千尋アナ

 ABCに4月1日に入社した鷲尾千尋アナウンサーが5日、大阪市で開催された、同局の朝の情報番組「おはよう朝日です(おは朝)」(月~金曜午前5時)の会見に登場。入社5日目にして、同番組の前半アシスタントに抜てきされた鷲尾アナは、「『おは朝』を担当すると聞いて、うれしい気持ちでいっぱいでした。不安や緊張というより、私が担当していいのか?という楽しみの気持ちでした。全身が震えました」と語った。

 鷲尾アナは、関西外語大出身で今宮戎神社の福娘出身。福娘の同期にMBSの清水麻椰アナウンサーがいたことがきっかけで、アナウンサーを目指した。初日の放送を終え、「まだオンエアされたという実感はないですが、元気よく終えようと思っていました。反省点もあって、せっかく岩本(計介)さんに振られたのに、対応できなくて……。改善していきたいです」と悔しさをにじませた。

 会見には岩本アナウンサー、澤田有也佳アナウンサー、小西陸斗アナウンサーも登場。岩本アナは、新人アナの異例の抜てきについて「今までなかったことなので、そうきますか!と思いましたが、すごくよい取り組みだと思いました。全てが想像以上。基礎がしっかりできていて、しゃべっていて温かい雰囲気もある。堂々としていて、この人なら大丈夫だな」と太鼓判を押した。

 澤田アナは「初めて見たとき、何だこの可愛い生き物だ!と思いました。温かく丸いオーラがありました」と印象を語り、小西アナは「楽しく無事にオンエアできてよかったなと思いました。今日の(白と黄色の)衣装も相まって、タンポポみたいな子だと思いました」と話した。

 「おはよう朝日です」では、4月5日から番組リニューアル。関西の各地域の特産品、工芸品などの魅力を伝えるコーナーや、ニュースを深掘りするコーナーなどが新設された。鷲尾アナは午前7時台のお天気コーナーにも出演し、その日の天気にふさわしいファッションを紹介する企画などを担当する。

写真を見る全 9 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る