注目ドラマ紹介:「ラブコメの掟~こじらせ女子と年下男子~」 栗山千明×小関裕太のオリジナルラブコメ

連続ドラマ「ラブコメの掟~こじらせ女子と年下男子~」の第1話のワンシーン(C)「ラブコメの掟~こじらせ女子と年下男子~」製作委員会
1 / 9
連続ドラマ「ラブコメの掟~こじらせ女子と年下男子~」の第1話のワンシーン(C)「ラブコメの掟~こじらせ女子と年下男子~」製作委員会

 女優の栗山千明さんが主演を務め、俳優の小関裕太さんが出演するテレビ東京の連続ドラマ「ラブコメの掟~こじらせ女子と年下男子~」(水曜深夜1時10分)が、4月7日深夜スタートする。恋愛経験豊富な仮面をかぶった“こじらせ姫”と笑顔の下に本音を隠した年下王子のうそから始まる完全オリジナルのラブコメディーだ。栗山さんが同局の深夜帯の連続ドラマで主演を務めるのは今回が初めて。

 栗山さんは、美しくてスタイル抜群、仕事も優秀だが、彼氏いない歴15年の“こじらせアラサー女子”九条瑠璃を演じる。小関さんは、瑠璃の職場の後輩で、“見た目も中身も百戦錬磨”だが、女性に振られ続けてきたという真宮亮を演じる。

 瑠璃はパーフェクトな外見と言動から恋愛経験豊富と思われてきたが、実際は15年前の大学時代に彼氏が一瞬いただけで、少女マンガ頼みの恋愛ド素人だった。そんな瑠璃が、職場の後輩・亮から突然、飲みに誘われて恋愛相談を持ち掛けられ……という展開。

 瑠璃の弟役・九条惇太役を「超特急」の草川拓弥さん、瑠璃の会社の役員で見た目も仕事もパーフェクトな女性・立花エリカ役を堀田茜さん、亮の兄・真宮賢治役を吉沢悠さんが演じる。

 第1話では、電子コミックの編集部で働く優秀なアラサー・九条瑠璃が、“見た目も中身もパーフェクト”な職場の後輩・真宮亮から突然、飲みに誘われ恋愛相談を持ち掛けられる。「誰と付き合っても3カ月以上続かない」と打ち明ける亮に「あなたがまだ本当の出会いをしていないだけよ」とドヤ顔で答える瑠璃。これもすべて瑠璃が少女マンガから得た知識。飲みすぎた瑠璃が翌朝目を覚ますと、隣には亮の姿が。瑠璃の頭の中は大パニックで……というストーリー。

写真を見る全 9 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る