A.B.C-Z:主演ドラマ「ワンモア」は五関晃一と河合郁人の役が逆? 10周年プロジェクトは「うれしい発表も」

主演ドラマ「ワンモア」の会見に登場した(左から)「A.B.C-Z」の河合郁人さん、戸塚祥太さん、五関晃一さん
1 / 1
主演ドラマ「ワンモア」の会見に登場した(左から)「A.B.C-Z」の河合郁人さん、戸塚祥太さん、五関晃一さん

 人気グループ「A.B.C-Z」が主演を務める連続ドラマ「ワンモア」の放送スタートを記念して、戸塚祥太さん、五関晃一さん、河合郁人さんが4月5日、メ~テレ(名古屋市中区)で行われた会見に出席。熱血副担任役の五関さんは「授業中に往年の学園ドラマの教師のモノマネをするんです」と明かし、ドライな担任教師をムードメーカーの河合さんが演じることから「キャスティングが逆じゃないかと思いました」と話して笑いを誘った。

 「ワンモア」は、A.B.C-Zとメ~テレのコラボ企画第2弾。定時制高校を舞台に、それぞれに事情を抱えながらも、他人の人生と触れ合うことで自らと向きあい、成長していく5人の若者の姿を描く。戸塚さんは「『ぼくらのショウタイム』が5人で1チームの物語だったのに対し、今回はそれぞれのエピソードが面白くて、メンバーひとりひとりにフォーカスされています」と話し、河合さんも「(サブタイトルの)『大人が青春して何が悪い』にぴったりな恋の物語が出てきたりもします。大人になって忘れていたキレイな片思いの気持ちがわかります!」と作品をアピールしていた。

 また、A.B.C-Zのデビュー10周年プロジェクト「Z PROJECT」への意気込みを聞くと、河合さんは「うれしい発表もしていく予定で、今までの楽曲をファンの方々以外にも発信していきたい」と話し、これまでの活動について「すごくゆっくり進んできたからこそ気づいてくれる人がいて、このゆっくりさがA.B.C-Zっぽくていいのかなと思っています」とアピール。五関さんが「『Z PROJECT』は‟限界を超えろ”というテーマがあって、輪がどんどん大きくなっていけるようにと思っています」と力強く話すと、戸塚さんも「スタッフさんやファンの方々がコースを作ってくれて、自分はただ走ってきただけ。周りの方々への感謝の気持ちを大々的に伝えていきたいです!」と意気込みを語っていた。

 ドラマ「ワンモア」は、メ~テレで毎週月曜深夜0時15分から放送中。全7回で見逃し配信される。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る