ポツンと一軒家:島根県、山奥で出会った夫婦のストーリー

4月11日放送の「ポツンと一軒家」=ABC提供
1 / 3
4月11日放送の「ポツンと一軒家」=ABC提供

 日本各地の人里離れた一軒家で暮らす人を追うバラエティー番組「ポツンと一軒家」(ABC・テレビ朝日系、日曜午後7時58分)。4月11日の放送は、島根県の山奥で出会った夫婦のストーリーを紹介する。

 美しい山並みの風景にとけ込むような最寄りの集落から捜索を開始。衛星写真で確認すると、目指す一軒家は集落からかなり離れているようだ。畑作業中の男性に話を聞くと、その家の所有者を知っているそうで、道順を教えてもらった。

 一軒家までは、廃線の橋脚を越えると、谷沿いの山道が延々と森の中へ続いている。家が3軒しかない集落を越え、更に山道を進むと、立派な建物が見えてきた。そこで、73歳の男性と69歳の妻が迎えてくれた。夫婦は12年前から住んでいるといい、ここで暮らすことになったいきさつを語る。

 番組は、所ジョージさんがMCを、林修さんがパネリストを務める。今回のゲストは山下健二郎さんと新條由芽さん。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る