かまいたち山内:中国人キャラでブレークせず「結果的に良かった」 「第56回 上方漫才大賞」大賞受賞で

「第56回 上方漫才大賞」大賞に選ばれたかまいたち
1 / 1
「第56回 上方漫才大賞」大賞に選ばれたかまいたち

 関西のお笑いコンビが競う「第56回 上方漫才大賞」発表会が4月10日、大阪府内で開催され、栄えある大賞に「かまいたち」が輝いた。かつて、「チャンドンゴンゲン」というキャラに扮(ふん)してどらを鳴らすネタで注目を集めた山内健司さんだが、「キャラブームもあって、バーっていきそうな気配があったけど、今思うといかなくて良かった」と会見で語った。

 山内さんは「あのまま、中国人キャラ専門の芸人になっていた可能性もあるので」といい、「そこで『M-1』の決勝にいけなかったことや、キャラブームに乗れなかったことは、結果的に良かったのかもしれないですね」と、当時を振り返っていた。

 また、濱家隆一さんは「最近は仕事がいただけるようになって、それまでの時間が長かった。そういう経験がなければ、『上方漫才大賞』にたどり着くことができなかった」と語っていた。

 「上方漫才大賞」は漫才関係の賞の中では最も古い賞レース。第1回は1966年に開催され、「かしまし娘」「横山やすし・西川きよし」「ダウンタウン」らを輩出。今回の奨励賞は「プラス・マイナス」、新人賞は「ネイビーズアフロ」が選ばれた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る