恋はDeepに:今田美桜が石原さとみの友人役 しっかり者の“裏番長”

連続ドラマ「恋はDeepに」で宮前藍花を演じる今田美桜さん=日本テレビ提供
1 / 1
連続ドラマ「恋はDeepに」で宮前藍花を演じる今田美桜さん=日本テレビ提供

 4月14日にスタートする連続ドラマ「恋はDeepに」(日本テレビ系、水曜午後10時)。海を愛する魚オタクの海洋学者・渚海音(石原さとみさん)と、マリンリゾート開発を担うツンデレ御曹司・蓮田倫太郎(綾野剛さん)の恋模様を描く本作で、海音の友人・宮前藍花を今田美桜さんが演じる。今田さん扮(ふん)する藍花について紹介する。

 ◇しっかり者で海音の良き相談相手 研究室の“裏番”

 今田さんが演じる藍花は、海音と同じ芝浦海洋大学の鴨居研究室に所属する特任研究員で、海音の良き相談相手。明るく優しいしっかり者で、言いたいことはハッキリと言う竹を割ったような性格だ。海音の不思議な言動にはすっかり慣れていて、何か事情を抱えていることに感づきながらも、大切な友達には変わりないと、ありのままの海音を受け入れている。

 個性豊かな面々を仕切る研究室の裏番長的存在でもあり、合併の危機にある研究室を支えている。気遣い上手で面倒見が良いため、ついつい他人を優先してしまい、自分のことは後回しになりがち、というキャラクターとなる。

 ◇「恋はDeepに」の初回ストーリー

 海を愛する海洋学者の海音は、星ヶ浜海岸に巨大マリンリゾートが建設されることを知り、魚たちの暮らしを守るため、何とか止める手立てはないかと考える。一方、リゾート開発を進める蓮田トラストの御曹司・倫太郎は、父・太郎(鹿賀丈史さん)にロンドンから呼び戻され、星ヶ浜での開発の陣頭指揮を任される。

 海音が出演したあるテレビ番組をきっかけに顔を合わせた2人は、環境保護とリゾート開発という正反対の目的を持って最悪の出会いを果たす。その翌日、倫太郎と対立関係にある兄・光太郎(大谷亮平さん)から呼び出された海音は、なんと、リゾート開発チームに参加してほしいと頼まれて……。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る